聖マリアンナ医科大学合格者インタビュー2018年

聖マリアンナ医科大学医学部
合格者インタビュー

2018年聖マリアンナ医科大学医学部他合格 安藤 華奈子さん合格体験談

レクサスでは毎週テストがあるので、テスト慣れもできたし、精神的に強くなれたかなって思います。

聖マリアンナ医科大学医学部合格

桑原大学合格おめでとうございます。

ありがとうございます。

桑原それでは早速ですが、受験した大学について教えてください。

1次合格したのが、金沢医科大学、北里大学、聖マリアンナ医科大学、東京医科大学のセンター利用と一般です。最終合格したのは、金沢医科大学と、聖マリアンナ医科大学です。

桑原進学先は?

聖マリアンナ医科大学です。

桑原自宅から通学できるところでよかったですね(笑)。

はい。それが両親の願いでもあったので。

桑原最初にレクサスに面談に来られた時から、お母様がおっしゃられていましたね。

娘は私1人なので、「遠くへ行かないで」って言われていました(笑)。

聖マリアンナ医科大学医学部合格

桑原では、レクサスで今年1年勉強したことについて伺います。レクサスに入学を決めた経緯、レクサスを選んだ理由を教えてもらえますか。

私の叔母の知り合いの方が、何年か前にレクサスから東邦大学に進学されたという話を聞いて、どんな予備校なんだろう、とりあえず見学してみようかな…と思っていました。昨年、昭和大学Ⅱ期に落ちたその足でレクサスの説明会に参加して、桑原先生に色々お話を聞いていくうちにレクサスに通いたいと思い、そのあと母と相談して決めました。レクサス以外の予備校はどこも見ていないです。

桑原なるほど、そうだったんですね。

私は赤本とか大学に特化した過去問を重点的にやることに意味を感じていなかったのですが、桑原先生も赤本は重視していないと説明会でおっしゃっていて、共感しました。あと、レクサスが1年間の中で同じことを3回繰り返すシステムだったこともいいなと思い、私に合っている予備校だなと思って決めました。

桑原桑原の言うことを信じてくださって、ありがとうございます(笑)。
実際にレクサスの12時間拘束とか夜間指導などのシステムを利用してみて、どんな感想を持ちましたか?

レクサスのパンフレットには「本当に厳しい」と書いてあったのですが、私自身はそこまで厳しいとは感じませんでした。厳しいって、怒鳴られるとかそういうことじゃなくて、今日何をすべきかなど、課題までしっかり管理してくれるってことなんですよね。私にとって、逆に管理してもらってありがたかったです。自分1人ではここまでちゃんと計画を立てて勉強しきれる自信もなかったし、本当に良かったなと思います。

桑原そうですね、受験は一種のプログラム学習なので、決まったことをきちんとやり遂げるだけでいいっていうことは、勉強しやすいってことですよね。

自分でスケジュールを立てないで済むということは時間の節約にもなりましたし、何より医学部入試を知り尽くした先生が立てたスケジュールなので、信頼できました。

現役の時に通っていた予備校では、自習内容は自分で決めて勉強しなければいけなかった。でも、自分が正しいと信じて、自分で決めて、自分のペースで受験した結果が不合格だったんだから、敗因を分析して仕切りなおさないといけないって思いました。レクサスのように今までと全然違う環境で強制的に勉強させられるような予備校で管理してもらえるのは、本当にありがたいことでした。

桑原でも、レクサスを初めて利用する人にとって12時間拘束での勉強は大変だったと思いますが、それはどうでしたか?

確かに12時間拘束されて強制的に勉強って文字だけ見ると大変そうだなって不安に思いますが、実際に授業が始まってしまえば、本当にあっという間でした。

桑原安藤さんはとても熱心に、一生懸命取り組んでくれて嬉しかったです。
それでは、レクサスの先生はどうでしたか?

本当に手厚く見ていただいて、特に数学では国定先生、橋本先生、千島先生に本当にお世話になりました。ただ、何でもすぐに質問するのではなく、まずは自分の頭できちんと考えて、それでも本当にわからないときは質問に行くようにしていました。

桑原国定先生によく質問をしに行っていたようですね。

はい。国定先生とは勉強以外のことも、たとえば世界情勢のこととか色々な話をしました(笑)。

桑原国定先生は語り出すと止まらないですからね(笑)。

本当に面白くて、楽しかったです。

桑原夜間指導のシステムはその日その日の分の課題が出て、それをこなしていくという形式でしたが、これはできましたか?

確かに課題は多かったですが、私は課題をためずにこなすことができていたんじゃないかなと思います。

聖マリアンナ医科大学医学部合格

桑原入学時に受けてもらった基礎学力テストの成績を見ると、安藤さんは理科の勉強が少し遅れていた状態での入学でしたね。

現役の時から理科が本当に苦手だったんです。もともと私は頭が文系なんですよ。家族にも全然理系がいなくて、全員文系なんですよ。私だけが理系。

桑原意外ですね。安藤さんは緻密な感じなので、理系かなって思ってたんですけど。

全然違います。高校の先生に理系って言ったらびっくりされました(笑)。理科は最後まで苦労しました。

桑原でも、途中経過を見ると随分できるようになりましたね。

化学はレクサスですごくやりこみました! 化学でコンスタントに得点できるようになって、助けられたことが大きかったです。

聖マリアンナ医科大学医学部合格

桑原物理にちょっと波がありましたね。

問題によって、できるできないがはっきりありましたね。

桑原あとは数学。数学も本当によく頑張りましたね。理系の科目が苦手なんて、今聞くと嘘みたいですね。

いやいやいや、国定先生にはあっさりと序盤に見破られていました(笑)。「もしかして文系?」って。本当にびっくりしました。なんでわかるんだろうって。

桑原さすが国定先生。すぐに見破ったわけですね。でも、その分センターでは文系科目で助けられましたね。

はい。文系科目のおかげもあって、センター試験は88%でした。

桑原それは本当にすごいですね。
それでは、後輩のレクサス生にレクサスの上手な利用法や、こんな風にレクサスを利用するといいよっていうアドバイスはありますか?

私は、あまり友達を作りすぎない方がいいかなって思います。私のクラスは4~5人で固定されていたんですけど、ずっとおしゃべりするわけでもなく、休み時間にちょっと話すくらい。お昼休みもみんな食事を早く済ませて予習していました。でも、仲はいいんですよ。医学部受験が終わってからも、連絡取り合って会ってます!

桑原そうだね。もちろん仲良くしちゃいけないわけではないけど、勉強時間まで消費してしまうのはまずいよね。

やっぱり、高校とは違うのでそこは大事かなって思います。全員ライバルみたいなものですしね。
あと、日曜日は絶対勉強しなきゃいけないってわけではなくて、緩くやった方がいいかなって思います。私は日曜日しかお休みがなかったので、ゆっくり過ごしていました。母とお買い物に行ったり、ランチしたり…。いい気分転換になりました。

聖マリアンナ医科大学医学部合格

桑原1年レクサスで勉強してみて自分の中で変わったところはありますか?

メリハリをつけられるようになったかなって思います。ON、OFFの切り替えは重要です。日曜日はしっかり休むことも、私にとってはレクサスで勉強してる日との使い分けみたいな感じでした。日曜日を休むためにも、レクサスではしっかり勉強して、自宅に勉強を持ち帰らないようにしていました。勉強はレクサスだけで済ませようと決めていました。

桑原レクサスでの経験は、大きな糧になったようだね。

そうですね。私は小学校からエスカレーター式の女子校に通っていたので、小学校受験しか経験がないんです。大学受験が初めての受験だったのでいい経験になりました。医学部は入学してからも定期試験や国家試験など大変だと思うので、そういう時にレクサスでの勉強法が活かせそうです。

桑原合格読本は読んでくれましたか?

合格読本はすごく利用しました。各大学の受験の前の日に、その大学の傾向とか面接対策とか全部読むようにしていました。特に聖マリアンナ医科大学の2次試験は特殊だったので、読んでおいて良かったなって思いました。

桑原レクサスの先生方にメッセージはありますか?

本当に感謝しかないです。ありがとうございました。先生方は、どなたも面倒見の良い先生で、色々な先生がいらっしゃいますが皆さんプロフェッショナルって感じで、私生活が想像できないです(笑)。先生として存在している感じで。
私、最初は質問することが苦手で、高校生の頃は先生に全然質問したことがなかった。先生と話すのが怖くて、質問できなかったんです。

桑原そうなの?

でも、レクサスでは課題を解いていると色々と分からないことも多くて、必然的に質問しなくてはいけない状況になってしまうじゃないですか。それで、だんだん質問することに慣れていきました。レクサスの先生たちが、どんな質問にも本当に優しく答えてくれるおかげもあって、質問に行く敷居が低くなったかな。

桑原安藤さんはとても真面目に勉強していたからね。先生たちも、その真摯な姿勢に応えていたと思います。先生を利用するってことに目覚めたってことだね(笑)。

自分が成長したことの一つですね(笑)。あとは、過度な緊張をしなくなりました。去年は受験に行く前に泣いちゃうくらい緊張と不安で大変だったんですけど、今年は「じゃあ行ってきまーす!」って感じで(笑)。一回でも受験で手ごたえを感じられたら、強くなれますね。

桑原そうだね。昨年と比べると今年の受験はだいぶ手応えが違っていただろうね。昨年の成績が嘘みたいだね。

レクサスは毎週テストがあるので、テスト慣れすることもできたし、強くなれたかなって思います。慣れと精神的な強さが大事だなって思いました。

桑原それでは、後輩に向けてメッセージはありますか?

受験期は本当に辛いけど、レクサスでやっていれば大丈夫だと思います。レクサスは勉強するスケジュールや課題を全部管理してくれるので、レクサスのシステムに身を委ねれば安心です。レクサスの課題をためずにこなして、わからないところは質問してしっかりと解決するようにできれば必ず医学部に合格できます。私はレクサスの課題以外はやらなかったです(笑)。

桑原レクサスが指定する課題だけをこなしていれば医学部に合格できる。そこのところが一番大事なんだよね。

その通りだと思います。レクサスでは先生たちが医学部受験指導や自分に合った受験校のアドバイスもしてくださるので、本当に助かりました。私は聖マリアンナ医科大学や北里大学は最初受験するつもりは無かったんですが、先生に薦められて受験しました。それが、本当に当たりました(笑)。先生に薦めてもらったおかげだよねって母と話しています。本当にレクサスの受験指導のおかげです。そういった意味で、レクサスを、先生を信じることが大事だなって思います。

桑原ありがとうございます(笑)。自分一人で受験校を選ぶと、どうしても偏りがでてしまう。客観的な視点が必要なんですよね。どうしても自分自身では見えない部分があるので、どの大学の出題傾向がその生徒さんに合っているかなど、戦略的な面でアドバイスさせてもらっています。でも、やっぱり最後にモノを言うのは君たちの勉強に対する取り組み方なんだよね。私たちのアドバイスはそれのおまけなんですね。

そういえば、杏林のセンター利用を受験したんですけど、2次試験の日程が東医と被ってしまって受けることができなくて…。それを東医の1次試験の前日に知ってすごくショックだったので、受験日程のチェックと願書の準備・出願は早めに済ませましょう(笑)。後輩の方に伝えてください。

桑原安藤さんはご実家からの通学だったよね。ご家族にしてもらってよかったことはあるかな?

家族にはとても支えられました。母にはお昼と夜のお弁当を2つ作ってもらったり、帰りに迎えに来てもらっていたので、体力が温存できました。あと、たまにテストの点数が悪い時にプレッシャーをかけてもらえたのも、私にとっては士気があがりましたね。

桑原将来は、どんな医師になりたいですか?

私は、産婦人科とか小児科とか子どもと関わっている道に進みたいと思っています。

桑原大学に入ったら何を楽しみにしてますか?

部活をやりたいなって思っています。ゴルフ部に入りたくて。あとは、この一年趣味に費やす時間がなかったので...。

桑原趣味は何なの?

私は宝塚の観劇です。私自身、音楽部で同じようなミュージカルをやっていたので、本当に好きです!

桑原宝塚は、本当にハマる人はハマりますよね。

来週観に行きます(笑)。

桑原先輩の話を聞きたいっていう後輩もいっぱい出てくると思うので、ぜひ相談に乗ってあげてください。今日はありがとうございました!

2018年度 医学部合格者インタビュー

2017年度以前 医学部合格者インタビュー