TEL:03-3477-1306
個別相談  

2020 主な入試変更点

岩手医科大学

岩手医科大学

  • ◇ 募集人員の変更(一般:90名→76名)
  • ◇ 「地域枠特別推薦A(岩手枠)」「地域枠特別推薦B(東北枠)」「地域枠特別入試(全国枠)」の3種類の区分を追加
  • ◇ 募集人員の変更(全体の募集人員95名→127名、一般入試の募集人員76名→80名)
大阪医科大学

大阪医科大学

  • ◇ 研究医枠入試廃止に伴い、募集人員を変更(一般前期:85名→82名、センター利用:5名→10名)
金沢医科大学

金沢医科大学

  • ◇ 特別推薦入学試験(AO入試)の募集人員を変更(27名→20名)
  • ◇ 卒業生子女入学試験の新規導入
  • ◇ 指定校・指定地域推薦入学試験の指定校の変更
  • ◇ 一般入学試験(前期)
  • ・「理科」配点の変更(200点→150点)
    ・「理科」試験時間の短縮(120分間→90分間)
    ・第1次試験会場の変更
  • ◇ 一般入学試験(後期)
  • ・第1次試験会場の変更
  • ◇ 合格発表時刻の変更(全ての入学試験)(17:00→18:00)
  • ◇ 編入学試験の募集停止
  • ◇ 一般入学試験(前期・後期)補欠繰上げ順位の開示
関西医科大学

関西医科大学

  • ◇ センター試験利用入学試験(後期)を導入
  • ◇ 学校推薦入学試験、特色入学試験の「適性検査」の試験時間を「150分」から「130分」に変更
  • ◇ すべての入試制度について、紙願書を廃止し、インターネット出願のみに変更
  • ◇ 2020年度入試から新潟県地域枠を2名新設、また、静岡県地域枠が3名増員。それにより入学定員が従来の122名から127名へと5名増員。
北里大学

北里大学

  • ◇ 全ての入試で健康診断を廃止
  • ◇ 地域枠指定校推薦入試の新規実施:山梨県地域枠2名、茨城県地域枠2名、神奈川県地域枠5名を募集
  • ◇ 募集人員の変更(一般:84名→65名)
杏林大学

杏林大学

  • ◇ 一般入試:「後期日程」を廃止
  • ◇ 一般入試会場の変更(ベルサール東京日本橋で実施)
  • ◇ センター試験利用入試に「後期日程」を導入(募集人員:5名)
  • ◇ 茨城県地域枠の廃止
  • ◇ 募集人員の変更(AO:5名→1名)
近畿大学

近畿大学

  • ◇ 募集人員の変更(一般:65名→55名、C前期:10名→5名)
久留米大学

久留米大学

  • ◇ 福岡県特別枠入試を推薦入試へ変更: 推薦入試に「福岡県特別枠推薦入試」を新たに追加。
  • ◇ 地域枠推薦入試および福岡県特別枠推薦入試の出願資格を変更
  • ◇ 募集人員の変更(一般前期:約80名→約75名)
慶應義塾大学

慶應義塾大学

  • ◇ 一般入学試験募集人員の変更(68名→66名)
国際医療福祉大学

国際医療福祉大学

  • ◇ 医学部特待奨学生枠の拡大:一般入試で選抜する人数を40名から45名に増員
埼玉医科大学

埼玉医科大学

  • ◇ 一般入試一次試験の曜日変更(日曜日→土曜日)
  • ◇ 推薦入試の一般推薦枠の定員を変更(10名→12名)
  • ◇ 「センター試験利用入試後期」を廃止
  • ◇ 一般後期に研究医枠1名追加(予定)
順天堂大学

順天堂大学

  • ◇ 募集人員の変更
  • 「一般入試A方式」(61名→63名)
  • 「一般入試B方式」(10名→5名)
  • 「センター・一般独自併用入試」(20名→15名)
  • 「国際臨床医・研究医枠入試」(5名程度→8名)
昭和大学

昭和大学

  • ◇募集人員の変更
    「選抜Ⅰ期」(78名→75名)
  • ◇初年度以降の教育施設充実費(年額)が50万円から150万円になり、6年間の合計金額が2,700万円になる。
聖マリアンナ医科大学

聖マリアンナ医科大学

  • ◇ 神奈川県地域枠特別推薦入試(募集人員:5名)を認可申請中。
  • ◇ 募集人員の変更(一般:約85名→約80名)。
  • ◇ 2次試験の配点の変更。小論文100点→50点、面接100点→150点。
帝京大学

帝京大学

  • ◇ 入学定員が116名に変更
東海大学

東海大学

  • ◇ 学力選抜入試の名称を変更(旧名称「一般入試A方式」→新名称「一般入試」)
東京医科大学

東京医科大学

  • ◇ 2020年度入学試験からWeb出願を導入
  • ◇ センター試験利用入試の募集人員の変更(15名→14名)
東京慈恵会医科大学

東京慈恵会医科大学

  • ◇ 受験願書申請時に、英語資格・検定試験結果の報告書類を任意で提出
  • 英語資格・検定試験としては、ケンブリッジ英語検定、実用英語技能検定(英検)、GTEC/ GTEC CBT、IELTS、TEAP/TEAP CBT、TOEFL iBT、TOEIC L&R/TOEIC S&W、および大学入試英語成績提供システムに組み込まれない英検(旧式)を認めます。ただし、一次試験受験日の2年前(2018年2月)以降に受験した試験の結果を有効とします。提出された試験結果は、CEFRのA1~C2の段階評価を行い、二次試験の評価の参考にしますが、提出によってマイナスの評価を受けることはありません。また、英語資格・検定試験の結果を提出しなくても二次試験を受験することができます。なお、一次試験での英語の筆記試験は従前通り、100点満点の配点で実施します。
東京女子医科大学

東京女子医科大学

  • ◇ 一般推薦の出願資格が「現役のみ」から「現役・1浪」に変更
  • ◇ 「至誠と愛」の推薦を新設
東北医科薬科大学

東北医科薬科大学

  • ◇ 一般入試一次試験において、札幌会場を追加。
  • ◇ 小論文を二次試験において実施。
獨協医科大学

獨協医科大学

  • ◇ 推薦入学試験の出願資格の一部変更:公募推薦(地域特別枠)及び推薦(指定校制)入学試験の出願資格(現役又は1浪→現役のみ)
  • ◇ センター利用入学試験の小論文試験を廃止
  • ◇ 一般入学第2次試験の小論文試験を第1次試験へ移行:小論文試験の評価は第2次試験合格者選抜のときに使用
  • ◇ 栃木県地域枠の募集人員の変更:「医学部臨時定員増認可申請中」により、AO栃木県地域枠入学試験の募集人員3名を栃木県地域枠入学試験(センター利用・一般の受験者から選考)へ移行
日本大学

日本大学

  • ◇ 一般入試A方式の募集人員の変更(92名→97名)
日本医科大学

日本医科大学

  • ◇ AO入試(募集人員:2名)を新設。これに伴い入学試験前期の募集人員を変更(90名→88名)。
  • ◇ 地域枠入試の定員増:千葉県地域枠(4名→7名)、埼玉県地域枠(2名→4名)。これにより入学定員が5名増員(121名→126名)。
兵庫医科大学

兵庫医科大学

  • ◇ 一般入学試験において名古屋会場を廃止
  • ◇ 推薦入学試験・一般入学試験において調査書(学業成績・クラブ活動・課外活動等)及び面接についても、アドミッションポリシーに基づき評価し点数化。総合的に評価を行うが、得点が著しく低い科目等がある場合は不合格となる事がある
福岡大学

福岡大学

  • ◇ 選抜方法の変更:面接を点数化(50点満点)、小論文・調査書は面接の参考資料として活用
  • ◇ 募集人員の変更(一般:70名→60名)
藤田医科大学

藤田医科大学

  • ◇ 出願締切:消印有効に変更
  • ◇ 英語外部試験:ふじた未来枠(AO入試)での利用を廃止※センター試験利用入試で英語外部試験の利用を検討中
  • ◇ AO入試の出願期間:9月2日(月)~11月1日(金)※エントリーを廃止し、出願期間を延長
  • ◇ 一般入試(後期)の募集人員:10名(愛知県地域枠5名を含む)
  • ◇ センター試験利用入試(後期)の募集人員:5名