医学部受験の現状

医学部受験の現状

医学部定員の推移

最近約50年の18歳人口と医学部定員の推移は、次のとおりです。

年度18歳人口(A)入学定員(B)医学部に入る割合(A/B)私立医学部入学定員(C)私立医学部に入る割合(A/C)
1969年
(新設前)
213万人4,040人527人に1人--
1981年
(新設後)
188万人8,280人227人に1人--
2007年
(削減後)
130万人7,625人170人に1人2,880人451人に1人
2014年118万9,069人130人に1人3,318人356人に1人
出展:文部科学省・厚生労働省資料等を参考に作成

1970年代、国公私立合わせて33の医学部(防衛医大を除く)が新設された結果、医学部の門戸は一気に広がったが、
その後「医療亡国論」によってむしろ定員は削減される方向に向かった。
だが近年の「医師不足」「地域医療崩壊」を解消するため2008年以降少しずつ増加し、2007年に7,625名だったものが、
2017年度には9,420名に達した。
とくに東北医科薬科大学と国際医療福祉大学の新設が相次いだ2016年・2017年は、ともに100名を超える増加となった。

厳しさをを増した医学部受験

上記の推移だけを見ると、医学部は年々易しくなっているかのように見える。
だがしかし、31大学の一般入試(前後期日程含む)の一次試験日程は、26日間にわたっている。
だから受けようと思えば体力さえ続けば、 1. 26大学の1次試験を受けることも不可能ではない その結果どういうことになるかといえば、どの大学を受ける層も似たようなものとなり、 2. 大学が、学力によってランク付けされにくくなった という事態が生じた。そして、 3. 滑り止めが消失した すると、滑り止めがないからなおさら、たくさん受けなければならない。(1に戻る。以下循環)

一大学当たりの受験生は、こうして増えた。
また、平成不況とマスコミ不信が、若者の視線の行先を、メーカーや金融やマスコミから医師へと転換させた。
そのため例えば「東大入試常連校」の矛先が、国公立医学部はおろか私立医学部へも向かった。

かようにして医学部受験生の、ここ10年むしろ厳しさをを増した「茨の道」は、深まるばかりなのである。

  • 入学説明会お申し込みフォーム

    お気軽にお申し込みください。

  • お問い合わせ・資料請求お申し込みフォーム

    お気軽にご請求ください。学校案内パンフレットや最新私立医学部合格読本を差し上げます。

  • スカイプによるご相談

    面談をご希望の方で、遠隔地にお住まいであったり、当校にお越しいただくことが困難な場合、スカイプを利用しての面談も行っております。