獨協医科大学 医学部受験合格のための入試情報

高校生の皆様はこちらから お問合せ・資料請求
医学部受験予備校レクサス教育センター(渋谷駅徒歩5分) お問い合わせはこちら03-3477-1306

渋谷駅徒歩5分 東京都渋谷区 渋谷区文化総合センター8F

獨協医科大学医学部 入試受験情報2018

Dokkyo Medical University

目次
基本情報
医師国家試験合格状況
学納金
入学者受け入れの方針(アドミッションポリシー)
オープンキャンパス情報
男女比・現浪比
入試情報
2018年度入試変更点・注目点
成績開示について
繰上合格について
試験会場
募集人員・受験料・出願期間
試験日程
試験科目
小論文(二次試験)
面接試験(二次試験)
医学部受験口コミ情報
現役医学部生口コミ情報
獨協医科大学医学部
基本情報
獨協医科大学
URL http://www.dokkyomed.ac.jp/
住所 〒321-0293 栃木県下都賀郡壬生町北小林880
TEL 0282-87-2108(入試)
交通手段 東武宇都宮線「おもちゃのまち」駅西口よりバスにて3 分、または徒歩10 分
他学部 看護学部
開学年度 1973 年(昭和48 年)
施設 大学病院、越谷病院、日光医療センター
教員数 1,071 名
学生数 750 名
獨協医科大学医学部
医師国家試験合格状況
  2013
(107回)
2014
(108回)
2015
(109回)
2016
(110回)
2017
(111回)
総数 89.2% 87.6% 85.9% 88.5% 78.6%
新卒 94.8% 91.3% 88.4% 91.3% 82.9%
私大新卒平均 91.8% 92.5% 94.0% 94.2% 89.4%
獨協医科大学医学部 医師国家試験合格状況

獨協医科大学医学部
学納金

初年度に必要な費用 6年間に必要な費用
9,600,000円 36,600,000円
備考
別途委託徴収金として学友会費100,000円、父母会費600,000円

獨協医科大学医学部
入学者受け入れの方針(アドミッションポリシー)

獨協医科大学では、「1.人間性豊かな医師並びに医学者の育成。2.能力の啓発に重点を置く教育方針。3.地域社会の医療センターとしての役割の遂行。4.国際的交流に基づく医学研究。」という建学の精神に基づき、医学部教育理念を「患者及びその家族、医療関係者をはじめ、広く社会一般の人々から信頼される医師の育成」と定めています。獨協医科大学医学部では、この教育理念に基づいてより効果的に学生に対する教育を行うため、次のような基本的な素養を満遍なく備える人を入学生として求めます。

求める入学生像
・本学の建学の精神及び本学医学部の教育理念を理解し、賛同できる人
・ 医学を学ぶ上で必要な数学、理科及び英語を中心とする基礎学力、読解力、表現力を有している人
・医学への強い志を持って社会に貢献する意欲のある人
・計画性を持って学習に臨み、自ら問題を解決する意欲のある人
・社会の一員としての理性と常識を備え、広い視野を持ち適切かつ公正な判断ができる人
・協調性とコミュニケーション能力のある人
・他者の立場になって物事を考え行動できる人
・国際的視野を持って医学を志す人

獨協医科大学医学部では、一般入学試験及びセンター利用入学試験のほか、より多様な人材を求めることを目的に、AO 一般入学試験、AO 栃木県地域枠入学試験、推薦(指定校制)入学試験、公募推薦(地域特別枠)入学試験及び栃木県地域枠入学試験を実施しています。
これらの入学試験においては、前述の基本的素養を備えた上で、それぞれの入学試験制度の趣旨を理解し賛同できる入学生を受け入れることとしています。
獨協医科大学医学部では、以上のような人材を入学生として受け入れるため、学力試験、小論文試験及び面接試験等を適切に組み合わせて、受験生に対する公平かつ公正な選抜試験を行っています。

男女比 現浪比
獨協医科大学 男女比 獨協医科大学 現浪比
(2017年度入学者122名)

獨協医科大学医学部
入試情報

方式 2017
AO一般 AO栃木県地域枠 公募推薦 指定校推薦 センター利用 一般入試 栃木県地域枠
募集人員 7名以内 3名 10名 20名 20名 53名 7名
志願者数 27名 15名 46名
(*1)
55名 1,121名 1,530名 358名
受験者数 27名 15名 46名
(*1)
55名 1,107名 1,378名 339名
一次
合格者数
14名 7名 8名
(*2)
- 265名 304名 24名
合格者数 4名 3名 14名
(*1)
20名 62名 103名 9名
繰上合格者数 非公表
合格最低点 非公表
入学者数 3名 3名 14名
(*1)
20名 16名 59名 7名

*1 指定校推薦併願者含む *2指定校推薦併願者除く

獨協医科大学医学部
2018年度 入試変更点・注目点

・一般入学試験の第一次試験会場増設。従来の獨協医科大学に加え、東京会場(五反田TOC ビル)を設けます。
・センター利用入学試験及び一般入学試験の理科の配点を200 点から400 点に増やします。
・センター利用入学試験の募集人員を従来の20 名→ 15 名に変更。
・一般入学試験の募集人員を従来の53 名→ 58 名に変更。

獨協医科大学医学部
成績開示について

一般入学試験一次試験の結果のみ開示。

獨協医科大学医学部
繰上合格について

繰上合格者には本人宛に順位をつけて郵便により通知。入学予定者に欠員が生じた場合、繰上合格者を本学掲示板に発表するとともに、合格通知書・入学手続書類を本人宛郵送。

獨協医科大学医学部
2018年度 試験会場

  一次試験会場 二次試験会場
公募制推薦 獨協医科大学 獨協医科大学
センター利用入試 大学入試センター試験会場
一般入試 獨協医科大学 および 東京会場(五反田TOC)

獨協医科大学医学部 2018年度
募集人員・受験料・出願期間

試験区分 募集人員 受験料 出願期間
AO一般 7名以内 60,000円 8/14~9/7(必着)
AO栃木県地域枠 3名以内
公募推薦 10名 11/1~11/8(必着)
指定校推薦 20名
センター利用入試 15名 40,000円 12/11~1/12(消印有効)
一般入試 53名 60,000円 12/11~1/17(消印有効)

獨協医科大学医学部
2018年度 試験日程

試験区分 一次試験 一次発表 二次試験 合格発表 入学手続期限
AO一般 9/23 10/7 10/14 10/25 11/1
AO栃木県地域枠
公募推薦 11/11 11/15 11/17 11/29 12/7~12/8
指定校推薦 - -
センター利用入試 1/13・1/14
大学入試センター試験
2/3 2/5・2/6
いずれか1日選択
2/14 2/21~2/23
一般入試 1/27

獨協医科大学医学部
2018年度 試験科目

一般入試 科目 時間 配点 試験内容
一次試験
(マークシート)
外国語 70分 200点

コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ

数学 70分 200点

数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B(数列、ベクトル)

理科 100分 400点
(各200点)

物理基礎・物理 、化学基礎・化学、生物基礎・生物、から2 科目選択

二次試験 小論文 90分 - -
面接 - - -

センター利用入試 科目 配点 試験内容
一次試験
(センター試験)
外国語 200点

「英語(リスニング含む)」

数学 200点

「数学Ⅰ・数学A」、「数学Ⅱ・数学B」

理科 400点

「物理」、「化学」、「生物」から2 科目選択

二次試験 小論文 -

90分

面接 - -

獨協医科大学医学部
小論文(二次試験)

試験時間 90分
文字数 問1 200 字以内 問2 600 字以内
試験内容

【1日目】 次の文章を読んで、以下の問に答えなさい。
(伊藤亜紗著『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(株式会社光文社)2015年4月20日発行 出題の都合により一部改変)
 問1.本文を200 字以内に要約しなさい。
問2.本文の内容について、あなたの考えを600 字以内で述べなさい。

【2日目】 次の文章を読んで、以下の問に答えなさい。
(西内啓著『統計学が最強の学問である-データ社会を生き抜くための武器と教養』(ダイヤモンド社)2013年1月24日発行 出題の都合により一部改変)
問1.本文を200 字以内で要約しなさい。
問2.本文の内容について、あなたの考えを600 字以内で述べなさい。 (2017 年)

【1 日目】 次の文章を読んで、以下の問に答えなさい。
(加賀乙彦著 『不幸な国の幸福論』(株式会社集英社)2009年12月21日発行 出題の都合により一部改変)
問1 本文を200 字以内に要約しなさい。 
問2 本文の内容について、あなたの考えを600 字以内で述べなさい。

【2 日目】 次の文章を読んで、以下の問に答えなさい。
(日向野幹也著 『大学教育アントレプレナーシップ 新時代のリーダーシップの涵養』(株式会社ナカニシヤ出版) 2013 年6 月30 日発行 出題の都合により一部改変)
問1 本文を200 字以内で要約しなさい。 
問2 本文の内容について、あなたの考えを600 字以内で述べなさい。(2016 年)

獨協医科大学医学部
面接試験(二次試験)

形式 個人 獨協医科大学医学部 個人面接形式
所要時間 10分程度
面接官人数 3人
受験生人数 1人
面接内容(質問内容・面接の進行等)

◆医師志望理由。本学志望理由。
◆県枠志望理由。
◆県枠より一般入試で受かったほうがラッキーだと思っていないか。
◆県民の期待を背負って医師になる自覚はあるか。
◆趣味(トロンボーンと答えたらトロンボーンについて色々と聞かれた)。
◆成績について。
◆高校の校風と特色。
◆浪人した理由。
◆医師志望理由の中で最も強いきっかけ。
◆リーダーシップについて(私はリーダーシップがある!と断言しないほうがよさそうでした)。
◆部活について(かなり詳しく聞かれました)。
◆部活で学んだこと(「協力することの大切さ」はあまり相手の反応が良くなかったです)。
◆本は読むか? ジャンルは? そこから学ぶことは?
◆表彰の内容と、どうやって賞を取ったのか。
◆家族構成について/親が医療従事者かどうか。
◆予備校で学力は伸びたか? 点数が伸びただけで学力はどうなのか?
◆併願校について(メモをとっていた)。
◆仮に東京の大学に合格した場合、それでも本校を選ぶか。
◆アルバイト経験について。
◆本校に来てどんな印象を受けたか。
◆女の子にもてるにはどうしたらいいか。

雰囲気・後輩への
アドバイス
◆待つ時間が長い。
◆圧迫面接でした。
◆試験官までけっこう離れていて遠いので大きな声で!
◆ 3 人中2 人は和やかでした。1 人いた圧迫担当の人がかなりつっこんできます。
◆自己申告カードに書いた内容について詳しく聞いてきます。つっこんで聞かれても大丈夫なものだけ書くべきだと思います。
◆自己申告カードの内容…得意・不得意科目、スポーツ(選手か趣味か観戦か)、趣味(対外発表ありか、自分でやるのか、見て聞いて楽しむのか)、職歴、資格・表彰、健康状態。
◆午前の部、13 時からの部、14 時からの部に分かれます。待ち時間が長いので勉強道具などを持っていくとよい。

※レクサス調べによる・詳細につきましては必ず入学試験要項でご確認ください

獨協医科大学
医学部受験口コミ情報

Q1試験の傾向
-
Q2試験会場での心得
-
Q3受験生時代の私は…
ほぼ毎日自習室で勉強していました。息抜きで遊んだりした日も、必ず少しは勉強するようにしていました。
キラキラしていました。毎日ひたすら勉強をしていて充実していました。
ひたすら机にむかっていた。
喫茶店に長居していた。
2浪だったのでもうあとがなく、必死に何でも吸収しようと貪欲に取り組んだ。教科ごとに知識を区切るのではなく、それぞれの教科は相互に関連し合っているということを意識して勉強に取り組んだ。
つらくてつらくて仕方なかった。浪人のときは特につらかった。その分今は楽しいです。
月曜から金曜までガリ勉で、土日は遊んでました。
マーク試験しかできなかった。
Q4補欠合格がまわってきたのは…
-
Q5合格へのアドバイス
基本的な問題が多いので、基礎をじっくりやることが大事だと思います。また、問題数が多いので時間配分に気を付けた方がいいです。
とにかく合格するという気持ちが大事。栃木だからってなめてはいけません。真剣に受ければ受かります。
ひたすら勉強しましょう。
過去問ガンバってやってください。
過去問をやって、時間配分も把握しておくとよいと思います。小論などに向けて日頃から色々なことに興味を持ち、たくさんの本を読むことをお勧めします。
数学と英語ではあまり差はつかないと思った。理科の出来次第だと思ったけど…。
運。模試でいつもE判定、偏差値50ぐらいでも入れちゃいました。
私立志望なら受験科目も限られるからそれに力を入れられるのではないでしょうか。何か一つでも得意科目があれば武器になるのでは??
勉強は他の大学より受かりやすいから、がんばれば受かる。面接では、今大学側は部活してる人たちを早く引退させて勉強させたがってるから「高校まで部活してましたが大学に入ってからはスポーツは趣味程度にして勉強中心の生活をしていこうと思います」とか言えば、面接官は喜ぶんじゃないかな。
素直に前向きでいることだと思います。
結構、多浪生も多いので、多浪にはおススメ。筆記は基本をしっかりおさえ、凡ミスを減らす。
面接では意欲は見せても、あまり自己主張強すぎない方がいいと思う。
Q6医学部進学を目指し始めたのはいつごろから?
-
Q7本格的に受験勉強を始めたのはいつごろから?
-
Q8私はこのように勉強しました!受験期勉強法
数学は公式を全部証明できるようにして、基本的な問題を解きまくりました。英語は単語、熟語中心に時間をたくさん取るようにしていました。理科は忘れやすい問題をノートにまとめて、持ち歩いていました。
毎日少しでも必ず勉強すること。ストップウォッチで時間を計っていた。勉強時間は12時間。参考書は予備校のテキストだけ。
化学スタンダード、生物予備校テキスト、数学は基礎的なもの、英語は模試復習、赤本。
予備校のテキストをひたすら。あと模試やテキストの章末問題で何度も間違った問題はコピーしてノートに貼って解法を書いた。物理は駿台の新物理入門がよいです。
予備校の授業とそのプリントを完璧に。後は過去問を解きまくった。
ひたすら高校の先生のつくる問題をやってた。
進研ゼミ、学校で面接や小論文の練習。
Q9私はこのように書きました!願書/志望動機
自分が医師になりたいと思った理由。
獨協に限りませんが医師になりたいと思ったきっかけと、各大学の特徴特色に絡めて書きました。
Q10私はこのように対策しました!二次試験対策
予備校で二次対策授業を受けました。大学ごとに面接のやりようは違うので、大学ごとに対策した方がいいと思います。集団面接と個人面接とでは全く違いますし。
面接前に自己PRなどを事前に記入して提出、それを見て質問されるので、記入内容を先に考えておくといいですね。自己PR、趣味、スポーツなど。アピールしたいこと、自分が得意なことを書けばいいと思います。
Q11面接で聞かれたこと
最近のニュース、最近読んだ本、あなたの信念は? あなたの好きなスポーツは? あなたは栃木でもやっていける? お父さんを見て医師を思わせるときは?
あなたが信条としているマナーはありますか(電車の中の携帯とか)。父親について。父親の医師像などいろいろ聞かれた。
医師に必要だと思うこと。学校の欠席が多い理由。高校のときの部活で学んだこと。 あとは併願校とか。 思いもよらない質問がきたらどう対応するか見たかったらしい。
最近気になったニュース。面接前に記入させられる用紙について。部活とか特技とか。
出身はどこ? そこと比べて栃木はどう? 部活は何やってたの? 大学でも部活はやろうと思ってる? 面接は自分が答えたことに対してまた質問される感じで話が進んでいく。
どんな医師になりたいか、児童虐待について考えること、大学に入り何をしたいか、自信を持っていること、自分の長所(私は長所を説明して、それが短所でもあると話しました)。
Q12入試期間中に気をつけていたこと
風邪をひかないように。
入学試験期間中というか、受験期間中は遅刻しないようにと。早く寝て早く起きる。
食事の時間を削ってでも勉強時間を確保した。
Q13受験勉強の中で一番苦労したことはなんですか?
-
Q14受験勉強期間中にストレスを感じたことは何ですか?どのように解消しましたか?
-
Q15その他なんでも自由にお書きください
-
Q16これから医学部受験にチャレンジする受験生に対して一言お願いします。
獨協は英語が難しいので、英語が得意でないのならば、理科、数学を頑張ってください。ちなみに私が受験した感覚では理科は8~9割、数学は7割、英語は6~7割でイケたような気がします(一般正規)。英語の難易度は年度によって少し変わるのでとにかく数学理科を頑張って、英語は長文よりも文法を一個も間違えないように訓練するのが良いと思います。あと速く解くこと。マークシートなので本当に困ったら全部埋める事だけ考えよう。何が何でも合格を勝ち取ってください。悲しいけどこれ、戦争なのよね。

※レクサス調べによる

獨協医科大学
現役医学部生口コミ情報

Q1ウチの大学ココがスゴイ!
救急ヘリ。頼れる病院ランキング5位!
体育館、バッティングセンター。
体育館、テニスコート、カフェテリア(スエヒロ)、関湊記念ホール。
体育館(アリーナ)、テニスコート、中庭。
広々とした体育館と午前0時まで使える自習室。
学校も病院もきれいで掃除が行き届いているから勉強意欲が湧く。図書館が静かで広く、膨大な図書があってよいです。体育館もほかに例を見ないほどきれいで大きくてよいです。
関湊記念ホール。
新設の体育館、快適な解剖室。
体育館は新しくでかい。筋トレルームも設備が整っていていい。
新しい体育館と大自然です。
体育館。ジムつきで最高。
基礎配属。希望すれば好きな研究室に研究をしに行けます。
学士対象の2年編入AO入試をやっている。
テスト3期制。
5年生の15名くらいが行けるアメリカとドイツ研修(2週間で30万円まで大学負担)。
1年からもうアーリーエクスポージャーがあるので、実際の医療の現場や介護の実状を知ることができて、大変勉強になった。1年のうちからこのような機会を与えてくれるのは将来に向けてやる気も出るのでよいカリキュラムだと思う。
解剖と講義がリンクしてる。胸部の解剖してるとき胸部の講義がある。
CBT対策がちゃんとされてるところ。先生たちが本気で生徒のことを考えてくれている。学業討論会は、先生と全生徒が本気で学校の制度や授業のやり方について話し合う場になっている。システムも国試やCBTに対応して柔軟なところが良いと思う。
うちはカリキュラムを前倒しでやっているので、5年生での病院実習前に時間ができて、国試の問題を解く演習の授業ができました。早くから国試問題に触れられる良い機会だと思います。
4年のはじめで全ての科は学び終えて、それからは臨床問題を中心にCBT対策をやっていったのはすごく助かった。
他校のことを詳しく知らないのでシステムについての良さは一概に言えませんが、教育熱心だし、前向きな学生生活を送れると思います。
Q21年から6年までの流れ
-
Q3大学に望むこと「アレがあればなぁ…」
駐車場のさらなる拡大。
Q4入学して驚いたこと
トイレの水が温水でびっくりした。扉も特徴的。
Q5入学して良かったこと
救急ヘリが飛び回っているところを間近で見れます。圧巻です。病院も広くてキレイ。
Q6オススメ部活動
ゴルフ部。近くにゴルフ場がたくさんあるし、部員も多く仲が良い。費用も相場より安く済む。活動もほぼ自由。ちなみに私は卓球部です。
軟式テニス部、ゴルフ部、写真部、ラグビー部。
剣道部。
バスケ。
Q7大学周辺環境
食べる場所はたくさんある。遊ぶところに行くには車を買うか、先輩に連れて行ってもらうしかない。
周りは、緑が多い所で、勉学に集中できる環境となっています。JRの最寄り駅からは、都心へ90分で行けます。
田舎。大学しかない。電車の本数は少ない。全てが車基準。
車社会。休みの日はバーベキューとかしたりする。
車は必要。休みは温泉によく行く(日光、鬼怒川)。
大学のまわりは自然にあふれていて、静かで、都会が苦手な私にとっては非常に有り難い環境です。勉強にも適しています。車はなくても自転車でやっていけますが、車はあったらあったで便利。行動範囲もぐんと広がります。
周りは何もない。車かバイクがないとキツイ。休みの日は鬼怒川とか日光の温泉とかに行くことがあります。
思ってたほど悪くはない。でも車は欲しいかも。
まわりは特にこれといって何もなく(笑)。勉強するには良い環境です。車を持ってる人が多いので、あまり不自由はありません。買い物とかは宇都宮や佐野のアウトレットに行ったり。ご飯もおいしいお店がたくさんありますよ。
まわりには何もないから車はないときつい。あとは何か趣味をもってないとやることなくて学校が終わったあととかヒマしてしまう。
車があれば便利だけど、もし車がなくてもそれはそれで楽しんでください!
まわりには何もなく、車がないときついけど、なくても乗り切りました。
車がないとダメだが、近くの宇都宮上川IC付近が栄えてきている。
Q8大学近隣オススメスポット
インターパークという大型ショッピングモール。映画館やボウリング、フットサル場もある。佐野プレミアムアウトレット。
Q9定期試験対策…どうしていますか?
先輩からもらった資料を使って、友達と教え合いながらやっています。
Q10多浪生・学卒生について
2015年は例年より新入生の年齢が高かった。私が知っているだけでも5浪が3人はいる。現役は推薦がほとんど。AOで入った人も多く、10人ほど。まだ、他大を中退して獨協に入り直した人もいる。だから年齢を気にする必要はないです。
入学しています。多浪生は4浪、5浪もいるし、学卒生は35歳で入学した人もいます。
Q11留年は何人くらいなの?
獨協は留年数の少なさもランキング上位です。
学年によるが、5人くらい。
留年が東京の私立医大に比べ少ないので、まじめに大学生活を送っていればきちんと国試まで面倒をみてくれる。
Q12人気のアルバイトは?
大学で紹介してくれるアルバイトは原則家庭教師のアルバイトのみ。他のバイトがしたいのなら自分で探すしかない。
家庭教師。時給1500円~2500円くらい。
Q13家賃の相場
新築1LDKで7万。相場は4~5万。新築でなければもっと安くて広い部屋も借りられる。ちなみに一軒家も借りられる。さすが栃木。
月4~7万円くらい。
5万円。
6万円。
女子には女子寮があり、1学年あたり25人くらいが入寮しているようです。東西南北の部屋の配置によって家賃は異なりますが、5万4000~5万9000円です。
5万円ぐらいです。7万円出したら新築のいい所に住めます。
学校のちかく6万円、2キロ離れると4万円。
私は大学の寮に入っているのですが、寮費は月に5万4000~5万9000円で設備も良いので快適です。
4~5万円台が多いと思う。
5~6万円で充実の一人暮らしが実現できます。
女子は学校のそばに寮がある。少々高めで5万4000~5万9000円。学校のそばは4万から7万。7万だとかなり広くてきれい。
Q14その他大学案内
獨協医大病院には、ドクターヘリが導入され県内や隣接地域の救急医療の中核を担っています。また特定の科では脳神経外科がイチオシです。脳神経外科の金教授は全国的にも有名で、遠くからも患者さんが来ています。
Q15後輩にメッセージを
獨協は英語が難しいので、英語が得意でないのならば、理科、数学を頑張ってください。ちなみに私が受験した感覚では理科は8~9割、数学は7割、英語は6~7割でイケたような気がします(一般正規)。英語の難易度は年度によって少し変わるのでとにかく数学理科を頑張って、英語は長文よりも文法を一個も間違えないように訓練するのが良いと思います。あと速く解くこと。マークシートなので本当に困ったら全部埋める事だけ考えよう。何が何でも合格を勝ち取ってください。悲しいけどこれ、戦争なのよね。

※レクサス調べによる