TEL:03-3477-1306
個別相談  

昭和大学医学部 2019年度出題分析

Showa University

【科目】

【英語】2019

難易度 1 2 4 5
出題範囲
長文テーマ 医療
自然・科学
人文・社会
随筆等
長文出題内容 語彙
文法
和訳
内容把握
主題
段落整序
語句整序
空所補充
英訳
英問英答
図表の読み取り
長文出題形式 記述
選択
文法・語法出題内容 動詞(時制・態・語法)
準動詞
助動詞・仮定法
関係詞・接続詞・疑問詞
名詞・代名詞
形容詞・副詞・比較
前置詞
強調・倒置・省略等
語彙
熟語
文法・語法出題形式 選択
正誤
記述
会話・発音等 会話文
発音
アクセント
英作文 語句整序
和文英訳
自由英作文:医療関連
自由英作文:医療以外
その他 語彙・ことわざ
医系単語知識の必要性
ポイントと分析
標準的な良問。取りこぼしのないよう、丁寧に取り組むべし。
2015年度以降、出題形式はほぼ同じ。発音・アクセント、文法・語法、正誤、会話文、読解問題と、オーソドックスで標準的な良問が出題されており、日頃の地道な勉強が生かされる内容となっている。丁寧に取り組み、取りこぼしのないようにしたいところだ。読解問題では、下線部訳もしくは字数指定有の記述問題があるので、普段から英文を丁寧に読み解く練習はしておいた方が良いだろう。

【数学】2019

難易度 1 2 4 5
  • ○:共通
  • ①:Ⅰ期
  • ②:Ⅱ期
出題範囲
数学Ⅰ 式の計算
実数
1次方程式・1次不等式
2次方程式・2次不等式
2次関数
三角比・正弦定理・余弦定理
図形と計量(面積・体積・相似等)
集合
論理(命題・条件・対偶等)
データの分析
数学A 場合の数
確率
条件つき確率・乗法定理
三角形の性質(メネラウスの定理等)
円の基本性質(円周角・方べきの定理等)(空間図形)
整数に関する問題
約数・倍数に関する問題
数学Ⅱ 二項定理・多項定理
式と証明(恒等式・不等式の証明等)
複素数
判別式・解と係数の関係
剰余の定理・因数定理
高次方程式・高次不等式
点・直線・円
軌跡・領域
三角関数
指数関数・対数関数
常用対数
微分法
積分法
数学B 平面ベクトル
空間ベクトル
数列
漸化式
数学的帰納法
期待値
分散・標準偏差・分布・推定
数学Ⅲ 分数関数・無理関数
逆関数・合成関数
数列の極限
関数の極限
微分法
積分法
速度・加速度・道のり・曲線の長さ
微分方程式
2次曲線
曲線の媒介変数表示
極座標・極方程式
複素数平面
ポイントと分析
英数セットの形式に注意。時間配分がカギ。
英語と合わせて140分で、大問4題、全問答えのみを記述する形式である。レベルは基本〜標準レベルであり、確率、指数・対数関数、数学Ⅲ微積分など頻出である。また、本学では通常高校では履修しない数学B確率分布(特に期待値)に注意しよう。典型的な問題を解き切る力があれば高得点も狙えるが、中には計算量が多い問題も含まれるので注意しよう。英語をどれだけ早く終わらせて数学に時間をかけられるかがカギである。

【化学】2019

難易度 1 2 5
  • ○:共通
  • ①:Ⅰ期
  • ②:Ⅱ期
出題範囲
物質の構成 物質の成分と構成元素
原子の構成と周期表
化学結合
物質量と濃度
物質の変化 化学変化と化学反応式
物質の変化と熱
酸と塩基・水素イオン濃度
中和と塩
酸化・還元反応
電池と電気分解
無機物質 非金属元素の単体と化合物
典型金属元素の単体と化合物
遷移金属元素の単体と化合物
無機総合
有機化合物 有機化合物の特徴・脂肪族化合物
芳香族化合物
有機総合
物質の状態 物質の三態
気体の性質
溶液の性質
化学平衡 化学反応の速さと化学平衡
電離平衡と溶解平衡
人間生活と化学 糖類
アミノ酸・タンパク質
衣料・食品・材料の化学
生命体・医薬品・肥料の化学
総合
ポイントと分析
記述問題がかなり多いので、幅広く細かい知識を確実につける。
物質の変化の計算は頻出である。記述する問題が多いので、幅広く細かい知識を確実につけること。有効数字が3桁の計算もあり、問題量も多いので、できるところから解き、時間内にすべての問題に目を通す。最近、生化学に関する出題もあるので、特に物理選択者は図説等で知識をつけておくこと。小問の演習よりも各分野の総合的な問題を演習して読解力をつけること。

【物理】2019

難易度 1 2 5
  • ○:共通
  • ①:Ⅰ期
  • ②:Ⅱ期
出題範囲
力学 等加速度運動・重力による運動
力のつり合い・力のモーメント
運動方程式
仕事とエネルギー保存の法則
力積・運動量の保存
円運動
単振動
万有引力と天体の運動
熱と気体 温度と熱量
状態方程式と状態変化
分子運動論
波動 波の性質
音の性質と定常波
ドップラー効果
光の性質・屈折とレンズ
干渉
電磁気 電場と電位
コンデンサー
直流回路
磁場・電磁誘導
交流・電磁波
荷電粒子の運動
原子 電子と光・光電効果
原子模型・X線
放射線・原子核と半減期
ポイントと分析
標準問題の処理能力+数学的考察への順応が合格の鍵。
毎年、数学的考察を好む傾向にあったが、今年のⅠ期はその特徴が色濃く出た。一見対策しにくそうに見えるが、出題のテーマや、そこで必要となる数学的操作には、限られたパターンが存在する。したがって、1年でも多くの過去問を解き、理解と演習を積み重ねることで、高得点が十分期待できる。しかし、その光明に気付く者、その実践の手助けとなる書物や指導者が多く存在しないことも事実。数学が得意な者には出願を強く勧める。

【生物】2019

難易度 1 2 4 5
  • ○:共通
  • ①:Ⅰ期
  • ②:Ⅱ期
出題範囲
細胞と組織 細胞の構造と働き・顕微鏡
細胞膜・浸透圧
体細胞分裂・染色体
組織・器官
生殖と発生 生殖法
減数分裂・配偶子形成・受精
発生のしくみ
遺伝 遺伝・だ腺染色体
形質転換・バクテリオファージ
遺伝情報とその発現 DNA・半保存的複製
タンパク質合成・突然変異・一遺伝子一酵素説・オペロン説
バイオテクノロジー
生物体の機能と反応 受容器と効果器
神経細胞と膜電位
神経系
動物の行動
内部環境 体液・心臓・酸素解離曲線
自律神経・ホルモン
体液浸透圧の調整・腎臓・肝臓
恒常性
代謝とタンパク質 タンパク質
エネルギー代謝・ATP
酵素反応
免疫・血液凝固
筋収縮
異化 呼吸・発酵
同化 炭酸同化
窒素同化
環境と植物の反応 植物と水・光
植物ホルモン・開花調節・発芽調節
進化分類 進化・ハーディワインベルグ・倍数性・異数性・ゲノム
分類
生物の集団 個体群と生物群集
植物群落と変動・バイオーム
生態系
総合 総合問題その他
ポイントと分析
解ける問題を確実に得点することを優先しよう。
前期・後期とも大問4題が出題された。図説に載っていないような内容の問題が出題されることがあるが、考え込み過ぎずに解ける問題で確実に得点することを考えよう。大問ごとに論述問題が含まれているので、50字程度の論述問題を練習しておきたい。また、描図問題も出題されているので、日頃から図説を利用し、表やグラフなどの確認を心掛けておきたい。Ⅰ期では、副腎、副甲状腺の位置を問う描図問題が出題されていた。