TEL:03-3477-1306
個別相談  

北里大学医学部 2019年度出題分析

Kitasato University

【科目】

【英語】2019

難易度 1 2 3 5
出題範囲
長文テーマ 医療
自然・科学
人文・社会
随筆等
長文出題内容 語彙
文法
和訳
内容把握
主題
段落整序
語句整序
空所補充
英訳
英問英答
図表の読み取り
長文出題形式 記述
選択
文法・語法出題内容 動詞(時制・態・語法)
準動詞
助動詞・仮定法
関係詞・接続詞・疑問詞
名詞・代名詞
形容詞・副詞・比較
前置詞
強調・倒置・省略等
語彙
熟語
文法・語法出題形式 選択
正誤
記述
会話・発音等 会話文
発音
アクセント
英作文 語句整序
和文英訳
自由英作文:医療関連
自由英作文:医療以外
その他 語彙・ことわざ
医系単語知識の必要性
ポイントと分析
語彙から文法、読解力まで、総合的な力が必要。
出題形式は毎年少しずつ変化しているが、基本的には読解問題が中心で、文法・語法問題や会話文など、総合的な力が問われる試験となっている。本年度の特徴としては、ここ数年必ず出題されていた語句整序が姿を消した。文法問題は文構造を問うものが目立ち、やや難化した印象。会話文も設問は内容把握に関するもので、全体を通して読む分量が非常に多い。時間配分に気をつけて、できる問題から手際よく処理していこう。

【数学】2019

難易度 1 2 5
出題範囲
数学Ⅰ 式の計算
実数
1次方程式・1次不等式
2次方程式・2次不等式
2次関数
三角比・正弦定理・余弦定理
図形と計量(面積・体積・相似等)
集合
論理(命題・条件・対偶等)
データの分析
数学A 場合の数
確率
条件つき確率・乗法定理
三角形の性質(メネラウスの定理等)
円の基本性質(円周角・方べきの定理等)(空間図形)
整数に関する問題
約数・倍数に関する問題
数学Ⅱ 二項定理・多項定理
式と証明(恒等式・不等式の証明等)
複素数
判別式・解と係数の関係
剰余の定理・因数定理
高次方程式・高次不等式
点・直線・円
軌跡・領域
三角関数
指数関数・対数関数
常用対数
微分法
積分法
数学B 平面ベクトル
空間ベクトル
数列
漸化式
数学的帰納法
期待値
分散・標準偏差・分布・推定
数学Ⅲ 分数関数・無理関数
逆関数・合成関数
数列の極限
関数の極限
微分法
積分法
速度・加速度・道のり・曲線の長さ
微分方程式
2次曲線
曲線の媒介変数表示
極座標・極方程式
複素数平面
ポイントと分析
小問を落とさず、大問で得点を稼げ。
80分で大問3題、第1問が答えのみ記入する穴埋め形式で、第2・3問は記述形式である。難易度は、標準からやや応用を含む内容である。頻出分野としては数学Ⅲの内容が挙げられる。第1問の小問集合は標準的であり落とせない。第2・3問では、初めの設問は標準的だが、後半では計算量が多かったり、難易度が高い問題が出題される。合格するためには小問集合、大問2・3の前半の設問でいかにミスなく得点を稼げるかが鍵である。

【化学】2019

難易度 1 4 5
出題範囲
物質の構成 物質の成分と構成元素
原子の構成と周期表
化学結合
物質量と濃度
物質の変化 化学変化と化学反応式
物質の変化と熱
酸と塩基・水素イオン濃度
中和と塩
酸化・還元反応
電池と電気分解
無機物質 非金属元素の単体と化合物
典型金属元素の単体と化合物
遷移金属元素の単体と化合物
無機総合
有機化合物 有機化合物の特徴・脂肪族化合物
芳香族化合物
有機総合
物質の状態 物質の三態
気体の性質
溶液の性質
化学平衡 化学反応の速さと化学平衡
電離平衡と溶解平衡
人間生活と化学 糖類
アミノ酸・タンパク質
衣料・食品・材料の化学
生命体・医薬品・肥料の化学
総合
ポイントと分析
設問数が多く、広範囲から出題される。
標準的な問題が大部分であるが、2科目を100分で解くには設問数が多いので時間不足に陥りやすい。有機分野などでは細かい箇所からの出題もあるので、教科書レベルの内容をよく理解しておく。計算問題が多いので、日頃から計算力をつけておく。全問目を通して、解けるものからすばやく解答すること。計算問題を後に回すのもよいやり方である。

【物理】2019

難易度 1 4 5
出題範囲
力学 等加速度運動・重力による運動
力のつり合い・力のモーメント
運動方程式
仕事とエネルギー保存の法則
力積・運動量の保存
円運動
単振動
万有引力と天体の運動
熱と気体 温度と熱量
状態方程式と状態変化
分子運動論
波動 波の性質
音の性質と定常波
ドップラー効果
光の性質・屈折とレンズ
干渉
電磁気 電場と電位
コンデンサー
直流回路
磁場・電磁誘導
交流・電磁波
荷電粒子の運動
原子 電子と光・光電効果
原子模型・X線
放射線・原子核と半減期
ポイントと分析
標準レベルの問題が中心。丁寧な演習と本番での解答の手順が合格の鍵。
標準レベルの問題集に載っているような問題で構成されているが、力学の二体問題や、電磁気学の電磁誘導、振動電流などの、多くの受験生がよく理解出来ず悩まされるような分野からの出題が目立つ。この手の試験は、時間内に全ての問題を解き切ろうとすると、合格点から遠ざかってしまう傾向にある。1問に執着し過ぎることなく、解き易い問題から優先的に解き、7割弱の点数をかき集める練習を積むことが重要となる。

【生物】2019

難易度 1 2 4 5
出題範囲
細胞と組織 細胞の構造と働き・顕微鏡
細胞膜・浸透圧
体細胞分裂・染色体
組織・器官
生殖と発生 生殖法
減数分裂・配偶子形成・受精
発生のしくみ
遺伝 遺伝・だ腺染色体
形質転換・バクテリオファージ
遺伝情報とその発現 DNA・半保存的複製
タンパク質合成・突然変異・一遺伝子一酵素説・オペロン説
バイオテクノロジー
生物体の機能と反応 受容器と効果器
神経細胞と膜電位
神経系
動物の行動
内部環境 体液・心臓・酸素解離曲線
自律神経・ホルモン
体液浸透圧の調整・腎臓・肝臓
恒常性
代謝とタンパク質 タンパク質
エネルギー代謝・ATP
酵素反応
免疫・血液凝固
筋収縮
異化 呼吸・発酵
同化 炭酸同化
窒素同化
環境と植物の反応 植物と水・光
植物ホルモン・開花調節・発芽調節
進化分類 進化・ハーディワインベルグ・倍数性・異数性・ゲノム
分類
生物の集団 個体群と生物群集
植物群落と変動・バイオーム
生態系
総合 総合問題その他
ポイントと分析
問題文をよく読み、キーワード・ヒントを探し積極的に解答しよう。
例年と同様に大問3題が出題された。2019年度は、生体膜とATP合成、遺伝子の突然変異、脊椎動物の色素細胞の発生・分化と体色の遺伝に関する出題があった。標準的な問題ではあるが、解答する際には、正確さを必要とする場合があるので注意が必要である。グラフ問題や考察問題では、設問で問われている内容を把握してから、問題文中のキーワードを探し解答するようにしよう。