こんにちは。
12月に入りましたね。
ついに病院実習が終わりました。
4年生の1月からローテーションを始めたので、丸々2年間実習をしたことになります。
最初に回った大腸外科では、患者さんの診察の仕方もわからず、カルテも書けず、治療方針の決め方もわからず、手術を見てもどの動脈を結紮しているのかもわからず、というような有様でした。

2年間の実習を通して成長できたと思いますが、その中でも特に伸びたスキルは毎日のカルテの書き方でした。
カルテはSOAPというフォーマットに整理して書くことが多く、それぞれ
S:Subjective 患者さんの主観的な訴え
O:Objective 検査値・CT所見などの客観的データ
A:Assessmennt SとOを踏まえた病状の評価
P:Plan 今後の治療方針
に対応しています。

最近、国家試験の勉強をしていて思ったことは、この整理法は勉強でも有用であるということです。
すなわち、
S:自分が足りないと思っている分野
O:模試の結果等で成績が悪かった分野
A:総合的に見た自分の今の勉強の状態
P:試験に向けて今後行うべきこと
です。

これを毎日手帳に書き込むことで、試験に向けてやるべきことを整理できます。
こんな方法もあるんだと思って参考にしてみてください。
頑張りましょう。