こんにちは!
先日マッチング試験が全て終了し、あとはいよいよ国家試験を残すのみとなりました。(といってもまだまだ病院実習や臨床実習後試験等はありますが…。)
自分もみなさんに負けないくらい頑張って勉強していきます!

さて、夏休みが終わって新学期が始まったと思いますが、調子はいかがでしょうか。
残暑が厳しいと思っていたら昨日のように急に台風が来たりして、気温の変化も大きくなるので少しでも体調が変だと感じたらその日は早めに寝るなどして体調管理もしっかりしていきましょう。

勉強に関しては、以前のブログでも書きましたが今後はテスト演習が中心となってくると思います。
夏休みでの基礎固めの成果を得点力に変換できるよう、日々のテスト演習でも受け方を意識してみましょう!

テストの受け方のtipsとして全てのテストで共通してでき、また今からすぐにでもできることを2つ挙げます。

一つ目はテストの始めに問題を全てざっと見渡し、試験問題の分量を把握することです。
テストは1ページ目から必ず解かねばならないという決まりはないので、まずは問題全体を把握して自分が最初に解きたいものから解いていきましょう!
また、普段の定期試験ではあまりないと思いますが、受験本番等では過去問よりも問題数が激増するという可能性もありますので、必ず普段から最初に全体を把握し、その上で一問にどれだけかけられるかを考えながら解き始めると時間が足りなくなることを防げると思います。
一番不味いのは目を通してない問題があり、しかもそれが簡単に解ける問題であるという場合なので、それだけは絶対にないように解ける問題から解くようにしましょう!

二つ目はテストの終わりが近づいたら必ず見直しをするということです。
テストの残り時間が5分くらいになってから新しい問題に手をつけるよりは、今まで解いた問題をしっかり見直しした方が得点効率は高くなります。
理系科目ならば計算ミスがないか、答えに妥当性があるかなど、英語ならば簡単な文法ミスをしていないか(三単現のsをつけ忘れていないか、主語は単数or複数か、etc.)、和訳に変な日本語がないかなどをチェックしましょう!
また、マーク形式のテストでは一つのマークミスが本当に命取りになるので解答欄とズレがないか必ずチェックすることをお勧めします。
(余談ですが先日自分が受けたマッチング試験でも④と回答したつもりが見直してみると③と回答しており、肝を冷やしながら慌てて回答を修正するということがありました。。。ミスは必ずどこかで出るものと思って見直しすることが大切だと改めて感じました。)

特にミスのチェックの仕方については各科目ごとに細かなコツがありますので、今後紹介していきたいと思います。
見直しで見つけたミスで増やしたわずかな得点が合否を分けることもありますので、少しでも得点を伸ばしていけるように日々のテスト演習の場でも意識していってくださいね。