こんにちは。

以前志望校を早めに設定することで動機づけとして勉強に役立てましょうというような記事を書きましたが、受験直前期の過去問を演習する時期までは志望校を決めているからといってその傾向や、出題範囲の偏りに左右されず、広い範囲の問題を解くようにした方がいいと思います。
主張が一貫してないように思えるかもしれませんが、志望校がなんとなく決まっていても最終決定をするのはおそらく受験する直前期になる人が多いですよね。
その際に、この範囲は今まであんまりやってなくて苦手だから・・・という理由で選択肢を減らしてしまうのはもったいないです。
なので志望校を早めに心の中に持つことは大事ですが、そこだけを見て視野を狭くせず、直前期までは総合的に力をつける様にしてください。

多くの場合、苦手をなくしバランス型が合格への最短ルートです。
狭く深くではなく、広く(なるべく)深く頑張りましょう。