今回は、息抜きについて書いていこうと思います。

今までは、学校があり、体育の時間に体を動かしたり、友達と休み時間や帰り道に話したりと自然とある程度、息抜きができていたと思います。
しかし、夏休みが始まると学校の授業が無くなり、友達と会う回数も減ると思います。
勉強が大好きで、勉強が息抜きだという人はいいですが、たいていの人は食事・睡眠以外、息抜き無しで勉強していると、初めしかもたず、後半失速してしまいます。
そこで、私が現役時代にやっていた息抜き・リフレッシュ方法を紹介したいと思います。

・外に出て体を動かす
長時間座って勉強していると筋肉が固くなり、腰や下半身が痛くなってきます。なので、座る・横になる以外の体勢をとるようにしていました。具体的には夕方や夜にランニングをしていました。また、ずっと家の中にいるとやはり気持ちがげんなりしてしまうので、一日一回は外に出るようにしていました。

・ゆっくり風呂に浸かる
シャワーだけだと疲れがとれにくいので、出来るだけ湯舟に浸かるようにしていました。その間は、防水のテレビで録画した番組を見ていました。

・自分の好きなことをやる
これが一番効果的な息抜きの方法だと思いますが、中毒性があるので、しっかり時間や回数を決めましょう。時間や回数を守る自信が無いのならおススメできません。

・学校に行って勉強する
夏休みになっても学校に行って勉強すれば、友達に会えますし、お互いの進捗がどうとか、模試の結果がどうだったなど、色々と話していて刺激になります。私は、学校までそこそこ距離があったので、週1くらいのペースで行っていました。

人それぞれ自分にあった息抜きの方法があると思うので、自分にあった方法を探して、長い夏休みを失速せず、頑張ってください。