前回は勉強のスケジュールの組み方について書きました。
参考になったでしょうか。
(4/16 「計画的に勉強を進めよう!」)

今日は物理の勉強の仕方について書こうと思います。
物理は暗記する要素が少ない分、しっかりと思考をしないと解けない問題が多く、つまずきやすい教科だと思います。
例えば、力学では、なぜ運動量保存則が使えるのか、なぜエネルギー保存則が使えるのか、法則の式を暗記していても、使いどころの判断が難しいことが多いと思います。

そういうことで悩んだときは、残念ながら参考書ではどうにもならないことが多いです。
例えば、エネルギー保存則の場合では、この法則は仕事を含めればすべての問題に適応できるし、その事実を運動方程式から求められることを書いている参考書は少ないです。

ここまで書いたのですが、正直上のエネルギー保存則の説明は自分でもわかりにくいなと思っています。
やはり、文章で物理を説明されても、読んで理解するのは難しいです。
そういう時は、質問してもらえると、先生たちも我々TAもディスカッションを通じて、よりわかりやすい説明ができると思います。

このようにやっかいな教科(個人的には1番)ですが、質問しまくって頑張りましょう!