受験は自分との戦いだと、振り返ってみても、後輩の話を聞いてもつくづく思います。
以前に少し書きましたが、入試の怖いところは、当日の自分のメンタル状態によっていくらでも難易度が変わることです。
緊張と縁のない人はいません。
受かるだけの実力はもちろんのこと、いかに本番で「普段通りの自分」を出せるかが勝利への鍵だと思います。

よく前半の科目で予想外のミスをしてしまい、それがずっと足を引きずって後半や果ては翌日以降の試験で思うように力を発揮できなかった、という話を聞きます。
これは非常に勿体ないです。
終わってしまったことをずっと悔やんでいても、得点は変わりません。
ミスをしたら、その分次の科目で挽回すれば良いだけのこと。
大切なのは、「次どうするか」戦略を練ることです。