数学の論述は独自のルールがありますね。
文字式を分母にもってくるときは、それがゼロでないか確認・場合分けの断り書きが必要であったり、ベクトルの一次独立を仮定するときもその断り書きをいれたりと、ふとしたことで忘れてしまいがちなこともたくさんあります。
センター試験では誘導に乗っていれば全部網羅できた確率の場合分けも、記述ではあまり誘導してくれないので、自分でしらみつぶしに探す勘を思い出しましょう。

とはいえ基本は全く変わりません。
問題演習をひたすらやってきた皆さんは、再度問題に向き合えば自然と思い出せるでしょう。
心配することはありません。
採血ではないですが、「練習あるのみ」ですね。

頑張ってください!