昨日も少し触れましたが、受験はメンタルも大事です。
どんな気持ちで臨むのかでパフォーマンスは変わってきます。
焦ってミスして時間がなくなり焦るといった悪循環に陥らないためにも過去問をしっかり解いて、自分が解けない問題は周りも難しいから大丈夫と思えるような状態にして本番に挑みましょう。

高2までは模試や学内試験など、練習の場が数多くあるので、自分の中で気の持ちようを考えておくといいと思います。
私は、問題が配られても開始まで読まない。
開始の合図があったら、まず全ての答案用紙に名前を丁寧に書くというのを決めていて、焦ってとりかからないようにしていました。
気持ちに余裕を持つというのはミスが減り、楽な気持ちで解けるので、最初は思い込みでいいので自分に自分はできるんだ、という暗示をかけましょう。