僕が受験するときにしていた各科目の戦略を書くので気に入った部分は盗んでみてください。
全体を通して言えることは最後の数分はマークの見直しに使う。
自己採点と結果がずれることがなくなるので、これは安心のためにやったほうがいいと思います。

【国語】
解く順番は漢文、古文、評論、小説
時間がきつかったので時間は4等分して、時間が来たら途中でも次に移ると決めていました。
古典2つでいかに時間を稼げるかを考えて、一番時間のかかる小説は最悪解き終わらなくてもいいという意味で最後にしていました。

【数学】
解く順番は前から順番に。
単元ごとに制限時間を決めて、過ぎたら一度次に移る。
最後に戻って考え直す。
これで泥沼化せず、枠に合わない答えなどきても他をやってから落ち着いて解きなおしていました。
個人的にセンター数学はある程度数こなすと時間に余裕出てくると思うので時間足りない人は時間測った演習をしてみてください。

【英語・理科・社会】
全部順番に。
多分時間に余裕あると思うので自分の一回目の答えにとらわれずにもう一度解きつつマークの確認。

初日に採点はしないほうがいいと思います。
全部終わるまで楽しみはとっておきましょう。

センター終わるとめちゃくちゃ解放感ありますけど、休むのは一日くらいにとどめて頑張りましょう。
そこから二次に集中するとめちゃくちゃ伸びる(気がします)。