過去問演習が無駄にならないために、

①解く順番を考えて解く
②時間を計って実際の試験と同じ時間で解く
③必ず答え合わせと解き直しをする
④自分の戦略の反省をする
という4点は守ると良いと思います。

④は、例えば「この問題に時間をかけすぎたな。」
「この問題は難しくて恐らくみんなできないから捨てればよかった。」
「この問題、答え見たら簡単だったから解けば良かった。」
と反省することです。