前回紹介した方法が東大数学の最適解、とまでは言いません。
重要なことは受験生の皆さんには今後の問題演習、あるいは模試の場面でぜひ自分がどういう時間の使い方、どういう問題の解き方をするのが一番安定して点数を積み重ねられるのかを試行錯誤し、受験本番までに自分なりの最適解を構築してもらいたいということです。

もちろんその最適解は数学に限らず英語、理科、国語、社会等すべての試験に対して考えられると思います。
ぜひ日々の勉強から本番を想定して着実に各科目の得点力を上げていってくださいね。