とうとう夏休みが終わってしまいました。まだまだ暑い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

今年の夏はいろいろなニュースがありましたね。
医学生としては、やはり某医学部の女子受験生減点問題が気になりました。
私個人としては、「女子は辞めるから」という偏見で、女子学生個人の良さを見ずに、一律に減点していることに憤りを感じました。
医師になって、患者に貢献したい、研究をしたいと大きな夢をもっている学生を、女子だからという理由で不当に扱う世の中は悲しいですね。
私のまわりの女子医学部生はとても優秀ですし、留年率も男子に比べて低いです(笑)。
「女子は働きやすい科に行く」と言われていますが、外科を目指す女性の友人もいますし、逆に眼科や皮膚科を目指す男性の友人もいます。私は内科医になりたいと思っていますが、一生仕事を続けて、男性と同じように臨床や研究をして、医療に貢献したいと思っています。
しかし、たしかに出産や育児をしたい女医にとってはまだまだいい環境とは言えず、仕事を辞めてしまう女医がいるのも事実なので、これを機に医師の労働環境が見直されるといいですね。

そして、なにより今後は公平な入学試験を期待したいです!