明けましておめでとうございます。
ついに2020年になり、試験当日まで残りわずかになってきました。
前回は体調管理について少し書きましたが、その中でもアルコール消毒について、今回は書いていこうと思います。

三年後期の実習で、実際にアルコール消毒を自分の手に使ってみて、どれだけ効果があるか調べる実験がありました。
その内容は、まず消毒していない手に、ついている菌がどれだけあるかを培養して調べ、その後同じ手をアルコール消毒をして、もう一度菌がどれだけあるかを調べるといったものでした。
すると、まず自分の手に結構な菌がついていたことに驚くとともに、アルコール消毒をすると結構いた菌がきれいさっぱり無くなっており、驚愕しました。
アルコール消毒は効くことは知っていましたが、ここまでしっかり効くとは思いませんでした。
それからアルコール消毒が設置されている時は、なるべくアルコール消毒をするように心掛けるようになりました。
もちろん、アルコール消毒だけで全ての病原体を防げる訳ではないので、しっかりとアルコール消毒に加えて、手洗いうがいなどを心掛けるようにし、万全の状態で試験に挑めるようにしてください。