医学部予備校レクサス教育センター開校25周年お祝いメッセージ

レクサス開校25周年お祝いメッセージ

開校25周年を迎え、卒業生の方々からお祝いメッセージをいただきました。

昭和大学医学部合格

 レクサス25周年おめでとうございます!
 私は高校2年の秋から2年間とちょっとお世話になりました。レクサスに入ってよかったと思えることが多く、今の自分があるのはレクサスのお陰と言っても過言ではありません。 まっさらな状態から医学部合格レベルまでレクサスは引き上げてくれます!
 これからの益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。


昭和大学医学部1年生
大島研さん

帝京大学医学部合格

 レクサス教育センター25周年おめでとうございます!
 医学部生をここまで長くたくさん輩出している予備校はなかなか見当たりません!大学に入っても、先輩後輩でレクサス生が必ずいます!レクサスの後輩が毎年どんどん増え、輪が広がっていって、非常にうれしいです!これからもどんどん後輩を送り込んでいただきたいです!
 医学部受験は、医者になるための、いままでの人生の中で一番大きなイベントでした。私にとって医学部受験はとても大きな壁でしたが、医学部受験生でも有名な「レクサスの厳しい学習環境」と、「先生方の厚いサポート」で何とか1年でクリアできました。おそらく、親も、先生方も、自分が1年で受かるとは思ってなかったと思います。(それだけひどいスタートでした。)しかし、最高の環境で勉強ができたため、今、最高のキャンパスライフを送っています。
 24年の中で、最も濃く思い出深い1年がレクサスの1年です。レクサスがなかったら医者になれるスタート地点にも立てませんでした。しかし、レクサスの先生方を信じて、言われたことをやっただけで受かることができて、信頼してよかったなと今でも感謝しています!ありがとうございました!


帝京大学医学部4年生
久保木秀幸さん

埼玉医科大学卒業

 レクサス教育センター、25周年おめでとうございます。
 私がレクサスの緑門をくぐったのはたしか高校2年生ぐらいのとき、まだレクサスの本部が桜ヶ丘の11階にあった頃です。 オフィスのような佇まいの中、応接室に通され、綺麗なお姉さんにお茶を注がれました。そして、忘れもしません。渡辺龍吾先生に「ウチをなめてもらっちゃ困る」というような類のことを言われました(本人は否定すると思います)。塾や勉強に関してあまり乗り気ではなく、行くつもりもたいしてなく、親が見つけてきただけの予備校でそんなことを言われものの、なぜか当時の青少年(オッサンみたいと言われていましたが…)は変な情熱を燃やし、レクサスの門をぶっ叩いたのでした。それからというもの、あまり優秀ではなく勤勉でもなかった私は、レクサスで浪人時代を過ごすことになりましたが、一生懸命に指導してくださった先生方、一緒に過ごしてくれた同期の皆には心から感謝をしています。レクサスの創成期を支えた先生方とのいくつもの思い出は、枚挙にいとまがありません。
 レクサスを巣立ってからも既に依存症となってしまっていた私は、邪魔だとはわかっていてもなかなか追い帰せない「卒業生」という立場を最大限に利用し、渋谷の学び舎で大学の試験勉強に励んでいました。その間もレクサスは歴史を積み、生徒数そして先生の数もいつの間にか増えていき、大所帯となっていったのです。けれど大きくなってもレクサスの良さは、そのファミリー感であると信じています。目が行き届くのはもちろんですが、心まで行き届く、そんな予備校であり続けてほしいと願っています。今後の発展を祈念しております。


慶應義塾大学病院 産婦人科学教室
井関隼さん

レクサス卒業生との対談