医学部予備校レクサス教育センターが医学部受験を合格に導きます

高校生の皆様はこちらから よくある質問
医学部受験予備校レクサス教育センター(渋谷駅徒歩5分) 医学部受験予備校レクサス教育センターに関するお問い合わせのお電話はこちら03-3477-1306

渋谷駅徒歩5分 東京都渋谷区 渋谷区文化総合センター8F

一日のタイムスケジュールを実例でチェック![Aコース編]

「Aコース」は難関大学の医学部を目指すクラスで、9名以下の少人数制授業と夜間『個別』指導が特徴です。ここでは、Aコースに通っているCさんの、ある一日を紹介します。

レクサス教育センター専用の学生寮「レクサスガーデン」に住み、日々受験勉強に打ち込むCさん。レクサスがオープンするのは8:30からですが、朝は7:30に起床し、早速前日までの復習をこなします。

7:30起床

7時30分起床

毎日7:30に起きていると受験生なのに意外とゆったりしているんだね、と思われるかもしれませんが、睡眠をたっぷりとる代わりに、朝起きてすぐの一番集中できる時間に前日までの復習をするようにしています。

レクサスの寮はワンルームで、余計なものが無いので勉強のことだけに集中できます。
どんなに遅くても22時ころには寮に帰っています。そして少し勉強してから風呂に入り、寝るのは24時前です。そして朝の勉強です。朝のこの時間に勉強する習慣をつけてから、授業の理解度がより深まったと思います。

9:30〜11:40 午前の授業

午前の授業

1時間の勉強を終えて8:30過ぎには校舎へ。寮からレクサスまでは30秒もあれば着いてしまいます。レクサスに着いたら軽めに朝食を済ませつつ授業の予習をします。9:30からは60分授業が2コマ。1クラスには9人しかいないので、わからないところはその場で質問して解消しています。少人数制だと質問をしやすいですね。

レクサスでは学力に応じてクラス分けされているのですが、その分、自分に合ったレベルの授業を受けられるので安心できます。もちろん、周りの仲間に追いつけ追い越せと、競争心も芽生えています。みんな心の中では「あいつには負けない」って思ってるんじゃないですかね(笑)。

12:30〜18:20 午後の授業+夜間「個別」指導

午後の授業

12:30から午後の授業が始まるのですが、小テストのある月曜日を除いては、午後の授業は14:40までの2コマ分。授業のコマ数が少ないと思われるかもしれませんが、レクサスではここからが大変なんです(笑)。

火曜~土曜の15:00~18:20までは、レクサスの特長といわれている夜間『個別』指導が60分×3コマ。これもただ自習しているわけではないんです。しっかりと時間が管理されていて、さらに課題まで提出しないといけない。これをクリアするのに毎日必死!

基本的に課題未提出は許されないし、かといって時間をかけすぎてしまうと、次の課題が待ち受けている(笑)。なんとか時間内に終わらせるように工夫しなきゃいけないんです。キツイんですけど、入試も必ず制限時間はあるし、実際、これを始めてから模試で「時間が足りない」ってことがなくなりました。まずは試験問題全体を見て時間配分をすることができるようになりましたね。

もちろん、わからないところは常にスタンバイしている先生方にすぐに質問できるので安心です。僕は何かあればすぐに聞きに行くようにしています。

19:20〜21:30 夜間「個別」指導

夜間「個別」指導

18:20までの夜間『個別』指導が終わると、1時間休憩があって、ここで夕食をとります。で、そのあとは何をするのかというと、やっぱり夜間『個別』指導です(笑)。ここでも課題が与えられて、それをみっちり解いていく。

やっぱり、一人で自習しているとこうはいかないと思うんです。「今日は何をやろうかな」っていうところから始まって。でも、レクサスなら課題を出してくれるので、解くのに集中すればいい。一人なら曖昧にごまかしてしまう問題も、必ず理解するまでやらなきゃいけない。厳しいといえば厳しいのですが、確実に実力がアップしているので何も反論できません(笑)。

21:30に夜間『個別』指導が終わりますが、ギリギリまで先生に食い下がって質問しています。寮に戻ったら一日の学習で気づいたポイントをメモしてから寝るようにしています。翌朝復習するためですね。部屋中にポストイットに書いたメモを貼りまくっています(笑)。

僕は睡眠時間は7時間半とるようにしています。レクサスは体調管理にも厳しくて、風邪で休んでも授業は待ってもらえません。だから、食事と睡眠はしっかりとるようにしています。

以前は夜更かしして勉強していたんですが、やっぱりよく寝て朝から集中した方が体調も効率も良いと感じます。レクサスは厳しいところも多いんですけど、医学部入試に合格するという目標のためには合理的。だからこそ、辛くてもやっていけています。