日本医科大学合格者インタビュー

2013年 日本医科大学 合格体験談

合格おめでとうございます。

ありがとうございます。


磯 博和君
2013年日本医科大学他合格
(2012年度昼間部在籍)

進学先は日本医科大学ですね。

はい。希望していた学校なのでよかったです。

医学部を目指すきっかけは何だったのですか?

高校の時の大学説明会です。通っていた高校に現役のお医者さんがいらっしゃってそのお話を聞いて感動…感銘を受けたからです。

高校を卒業してからは…

卒業してから、2年間大手予備校に通っていました。その時の僕は基礎部分が抜け落ちていて、基礎の強化をしないで医学部の問題を解こうとしていたので、勉強していても上積みになっていないというか、知識がうまく積み重なっていかなかったので、それで3年目に入ってしまったと思います。

そうですね。レクサスの基礎学力テストの講評を見ても、各教科とも基礎的な部分が欠けているというコメントが目立ちますね。とくに、理科が苦手だったようです。理科の勉強にはあまり時間をかけていなかった?

そうなんです。理科はあまり得意じゃなくて、そこまで好きな教科というわけでもなかったですし、時間をかけて勉強してなかったです。

レクサスに来ることになるきっかけは何だったのですか?

大手予備校で2年間頑張りましたけど結果が出なかったので、今年こそは絶対受かりたいと思っていました。医学部専門予備校を探していて、その中の一つにレクサスがありました。それで、説明を聞きに来て、基礎学力テストを受けたんですけど、その日のうちに結果を出してくれて、自分がどれだけ足りていないのか先生方に指摘してもらって、自分の現状が良く認識できました。大手の予備校も入学テストのようなものはありましたけどその結果は出ませんし、レクサスほど詳しく分析してくれませんでした。レクサスは基礎学力テストの結果から、各教科の先生がそれぞれ「君の足りてないところはココだ!」と事細かく指摘してくださいましたので非常に良かったと思いました。大手ではそのように指摘してくれる機会はありませんでしたから。

プレ学習はどうでしたか?

とにかく基礎学力テストの結果が良くなかったのと、プレ学習を受けている人たちの中にはどこかの大学の一次合格をとった人も混ざっていると聞いていたので、レクサスの中で遅れないように、ともかく付いていけるように必死に勉強しました。一次合格は取れませんでしたから。

実力テストの結果、Aコースでの出発になりましたが、レクサスの勉強・教材・システムはどうでしたか?

入る前のレクサスの印象は、課題が多くて束縛されるというか、ガチガチに縛られながら勉強するのかと思っていました。でも入ってみたら意外と自由に使える時間が…、これはもちろん勉強する時間ですけど、課題や予習をなるべく早く終わらせて、余った時間で自分の不得意な部分をもう一度復習する時間に充てたりしていました。でも、僕はレクサスでしか勉強しなくて、家では絶対に勉強しませんでした。その分、レクサスでどうやって効率よく勉強するかということは常に考えていました。雑になってしまっては意味がないですけど、課題をできるだけ短時間できっちりこなし、不得意な部分を何度もやるということを心がけました。

なるほど。その成果は、この毎週の小テストの結果に表れていますね。きちんと勉強していましたね。

…いや、そう…ですか(笑)?結構ひどい成績だったと思うんですけど…?でも、小テストの点にはあまりこだわっていなくて、むしろ小テストを自分のあやふやな知識やわからない部分を見つけるための道具として利用しました。

いや、そのとおりです。テストの目的は勉強したことの確認です。それに、全体的に良くできていますよ。ただ、物理にはときどきムラがあったようですね。

藤川先生(物理主任講師)からも、大雑把には理解しているんだけど細かいところがね…と言われていました。

実力テストの推移を見てみますと、第1回(4月)と第2回(7月)は比較的基本的な入試問題という感じなので大手予備校で鍛えた成果が出ていましたね。第3回(9月)以降は実戦的なものになっていって、ここでガタンと成績が落ちてしまう人もいるんだけど、磯君の場合は夏に頑張った成果が出ていますね。

はい。理科も点を取れました。ただ、10月頃の成績が、特に数学が…。あのころは模試が立て続けにきたこともあって…。

藤川先生から、時間内にうまく処理することができなかったようだ、と聞いてますが。

ああ…。たしかに藤川先生には、本来はできるはずなのに時間内に終わらせることができない、と指摘されていました。もともとそんなに計算力があったわけではないですし、結構ケアレスミスも多い方でしたが、このころは特に…疲れてしまって注意力散漫になってしまったところがありました。

数学は底力があったからそんなに心配はしていませんでしたよ。秋になってから理科の成績が見事に上がって、四教科のバランスが取れるようになりましたね。大手予備校にいたときは理科の勉強まで手が回っていなかったようですけど、レクサスでは理科の勉強はどのようにしていました?

僕自身、化学とか物理が弱いということはわかっていました。最初、クラスの周りの人たちと比べても化学の知識、物理の知識は明らかに劣っていたので、そこを埋めるために化学・物理の課題プリントは何度も何度も繰り返しました。前期中に配られた化学のワークブックみたいなものは、結局入試が始まってからも見直したりして使ってました。

それは典型的な合格する人のパターンですね。何度も繰り返す、というのが大事です。以前の入試と比較して今年の入試はどうでしたか?

今年はどこの試験会場でも解答速報をもらってきて、答え合わせしたり、間違えたところをその日のうちに見直したりしていました。去年まではそんなことしていなかったんですよ。なんとなくできたんじゃないかなぁ…と思っていたので。でも今年はその日のうちに見直すようにしたので、どこが間違えたとかどこでミスったとか完全に把握していました。「ああ、あそこも落としてる!ここも間違えた!」と、結構精神的につらかったですけど、そこで間違えたところは次の試験では絶対に間違えないようにと気をつけるようにしました。

落ち着いて自己分析ができるようになっていたのですね。試験の手応えはどうでしたか?

手応えは…、今年は解ける問題がすごく増えたので、逆に時間が足りなくなりました。あれもできる、これもできると思ってしまって。でもどの学校も時間が厳しくて。時間配分は難しくなりましたね。

二次試験対策はどうでしたか?

二次試験対策は、桑原先生がいろいろと学校について教えてくれたり、模範解答を教えてくれたりしました。その後に何度も先生の前で練習をして、面接の受け答えがスムーズにできるようにしました。それで、自信を持って面接を受けることができました。

君は呑み込みが早くて楽だったそうですよ(笑)。

あはは(笑)。

レクサスでの一年間を振り返ってみて、思い出に残ったことは?

思い出に残ったこと…。先生にはよく叱られました。「寝てるんじゃないよ!」とか、休み時間中に「うるさい!」とか(笑)。結構叱られましたね。おもに、中村先生に。

そのあたりも私たちの仕事のうちなんで(笑)。

はい(笑)。

レクサスでの友達はどうでしたか?

いい友達が何人もできました。大学に入ってからも卒業してからも付き合っていける友達です。

レクサスの卒業生でもそういう人たちは多いですね。レクサスでの生活はどうでしたか?たとえば食事とか教室の環境とか。

レクサスの生活…。これは先ほどの友達の話もかかわってきますけど、毎日、レクサスにいる間はほとんど授業や勉強しかしていませんでした。それでも休み時間とかは友達と話したりふざけたりしていたので、レクサスに来れば何か楽しいことが少しはあるから、レクサスに行かない、と思ったことはないですね。

レクサスの先生はどうでしたか?

みなさん素晴らしい先生ばかりで。非常に丁寧でわかりやすく教えていただきました。かなり質問に行きました。

ご両親はレクサスについて何かおっしゃられていましたか?

両親とも非常に満足しています。

後輩へ受験のアドバイスをお願いします。

二次試験対策ですけど、僕は二次試験の面接のときに内申書の内容からの質問が多かったんです。それで、内申書に書かれていることも知っておいたほうがいいと思います。

貴重なアドバイス、ありがとうございます。一年で基本をきちんと身につけて、さらに、教科間のアンバランスもなくし、非常に良い結果になったと思います。今日はどうもありがとうございました。

レクサスの先生方には非常にお世話になりました。本当にありがとうございました。感謝しています。