レクサス どっと読む
レクサス どっと読む

中学・高校時代こそ、本を読むべき時。

とくに、中高一貫の中学生。高校入試がないというメリットを生かさないのは、もったいなさ過ぎます。

「中高生、ひまさえあれば本を読むべし」……レクサスからの提言です。

どっと読む1冊目:『医学のたまご』海堂 尊(かいどう たける)著 理論社刊

「僕は曾根崎薫、14歳。歴史はオタクの域に達しているけど、ほかの科目は苦手。ちょっと要領のいい、でもフツーの中学生だ。そんな僕が、ひょんなことから「日本一の天才少年」となり、東城大学の医学部で医学の研究をすることに。しかも、しょっぱなからなにやらすごい発見をしてしまった(らしい)。教授は大興奮。研究室は大騒ぎ……。コミカルで爽やかでちょっとほろ苦い医学ミステリー」

……版元の内容紹介(宣伝文句)に若干の修正を加えると、こうなります。

個性がぶっとんでいるけれど、それでいてリアルな登場人物たちが、海堂作品の大きな魅力。この作品でも、ゲーム理論学者のカッコイイ「パパ」、斜(はす)に構えているように見えて実は正義感の強い天才高校生・佐々木をはじめ、悪役までも含めて魅力的です。

全編に散りばめられたユーモアも、海堂作品の特徴。電車の中など人前で読むときは、変なヒトと間違われないように注意が必要です(笑)。

と同時に、「何のための医療か」ということを、深く考えさせてくれる作品でもあります。医師を目指す人、必読です。

専門用語は容赦なく飛び交いますが、それがまたリアリティを支えています。さりげなく説明が書かれているし、まあ詳しいところは分からなくても差し支えないので、細かいことは気にせず一気にいっちゃいましょう(^^)/

著者・海堂尊は、「チーム・バチスタ」で名を馳せた超売れっ子作家であり、同時に現役医師でもある人です。

『チーム・バチスタの栄光』が「このミス大賞*注1」を受賞して以来、矢継ぎ早に力作を発表、いまだそのバイタリティの衰えるところを知らない、パワフルな作家……というよりパワフルなドクターです。

そう、発表された一連の作品は、作家としての意欲からというよりも、医師としての使命から生まれたといった方が、正鵠を射ているかもしれません。現代日本「医療」に対する危機感が、その旺盛な創作意欲を支え、「海堂ワールド」を創り出しているのです。

そして本書「医学のたまご」も、「海堂ワールド」の欠かせない1ピースとなっています。とくに『ジーン・ワルツ』とは直結して(……以下、ネタバレ防止のため自粛)。読み終わったら、ぜひ他の作品も読んで、「海堂ワールド」にはまってみることをオススメします。

*注1「このミス大賞」:2002年に宝島社などが創設したノベルス・コンテストである『「このミステリーがすごい!」大賞』の略称。

どっと読む タイトルへ戻る

>> レクサスの「言語」とは何か。
――中高時代こそ,「言語としての日本語」を正しく学ぶべき時期

>> What's 「言語」?詳細版。
――レクサス独自の科目「言語」とは何か――5回にわたって詳しくご紹介します。