レクサス教育センターについて

レクサス教育センターは1992年、既存の塾や予備校に飽き足らない7名の生徒と3名の講師で設立されました。「生徒の顔が見えない」予備校や、逆に家庭的に過ぎたり講師の質がどうしても限られてしまう小さな塾、そのどちらによっても、本当の実力が身につかないのは明らかでした。

そこで出たひとつの結論……超少人数のクラス編成(8名以内)を軸に、個人の実力および志望校に応じた学習環境をとことん保証すること、これが、創立以来のレクサスの根幹です。

このような方針に基づいた指導の結果は、想像以上のものでした。私立大学の最難関の一つに挙げられる慶應義塾大学医学部へも合格者を輩出。ほかにも東大各類、医学部・歯学部・薬学部を中心とした、国公立大や難関私立大の各学部に、数多くの合格者を出しています。

さらに1996年度から、高卒生対象コースとして『医歯大受験科・昼間部』を設置し、医学部受験に長けたベテランの講師陣による合格への最短距離の指導により、開設初年度より抜群の合格実績を挙げてきました。

速いけどじっくりの数学

高校2年で全単元を終えるコースと、高校3年までに全単元を終える2つのコースがあります。徹底した類題演習と個別フォローで、身につくまでとことん教えます。

日本語もわかってこその英語

丸暗記ではなく理解し応用できる文法、日英2か国語を理解して初めてできる英訳と和訳、医系頻出内容の英文読解――まさに医学部受験のための英語を、最小の労力で仕上げます。

浪人生に負けないレクサス流の理科

現役生と浪人生で一番差がつくのは理科。レクサスは昼間部のノウハウを生かして、浪人生に負けないスキルを伝授します。高校2年で基礎を学び、高校3年で実戦力を鍛えます。

脳を鍛える言語力

人間は、言語でものを考える。すべての基礎は言語力――論理力、語彙力、そして軽視されがちな現代日本語文法力を鍛え、同時に問題意識を育てて、小論文と面接への備えも万全にします。

総合力育成のために万全のフォロー

大学合格に必要なのは総合力。「苦手な科目」を残したままでは合格できません。レクサスは学習する必要のある全科目の状態を把握し、本人面談・保護者面談等を通じて、的を射たアドバイスを欠かしません。

▼医歯大受験科(高校部・昼間部)について詳細はこちら
医学部受験予備校レクサス教育センター
医学部受験をトータルサポート「医学部・東大.COM」