医学部予備校レクサス教育センターが医学部受験を合格に導きます

資料請求はこちらから よくある質問
医学部受験予備校レクサス教育センター(渋谷駅徒歩5分) 医学部受験予備校レクサス教育センターに関するお問い合わせのお電話はこちら03-3477-1306

渋谷駅徒歩5分 渋谷区文化総合センター8F

私立医学部受験 主な入試変更点

レクサス教育センターが独自に収集した私立医学部受験入試の主な変更点を掲載!

私立医学部受験 主な入試変更点

愛知医科大学

愛知医科大学

  • 愛知県地域特別枠入試を「2方式」で実施
  • 一般入試(一次試験):「外国語(英語)」の解答方法が記述式からマークシート式に変更
  • 初年度納付金を130万円減額、6年間総額380万円減額(3800万円→3420万円)

岩手医科大学

岩手医科大学

  • 適性検査の廃止
  • 外国語の試験内容:「英語表現Ⅰ・Ⅱ」を追加
  • 解答方式にマークシートを導入(一般入試のみ)

川崎医科大学

川崎医科大学

  • 平成29年度入試において、一般入試(静岡県地域枠)・一般入試(長崎県地域枠)の募集人員を次のとおり変更いたします。
    ◇一般入試(静岡県地域枠) 5名 → 10名
    ◇一般入試(長崎県地域枠) 5名 → 6名

北里大学

北里大学

  • インターネット出願を導入(紙の「願書(入学志願票)」、「募集要項」なし)

杏林大学

杏林大学

  • 一般入試の成績上位者10名に対し、入学初年次の学納金の一部、450万円を免除(東京都、茨城県地域枠入試は対象外)

近畿大学

近畿大学

  • 一般入試・前期:外国語(英語)の配点と試験時間を変更(200点→100点、90分→ 60分)、理科の配点と出題範囲を変更(300点→200点・物理全範囲に)
  • 一般入試・後期:二次試験(小論文・面接)を実施、試験問題を医学部独自の試験問題に変更、解答方法の変更(英語:マークシート式、数学・理科:記述式)
  • C 方式(前期・中期・後期):外国語(英語)配点を変更(200点→100点)
  • C 方式(前期):数学の試験科目に数学Ⅱ・Bを追加
  • C 方式(後期):二次試験(小論文・面接)を実施

慶應義塾大学

慶應義塾大学

  • インターネット出願を導入(紙の入学志願票による出願の受付を廃止)

国際医療福祉大学

国際医療福祉大学

  • 2017年医学部新設

埼玉医科大学

埼玉医科大学

  • インターネット出願を導入(学生募集要項および入学願書の配布は行わない)
  • 平成29年度入学試験において医学部医学科の入学定員を127名から128名とし、128名に含む埼玉県地域枠を16名から17名に変更いたします。平成29年1月22日(日)に実施される一般入学試験の前期の募集学生数を約62名から63名に変更いたします。

順天堂大学

順天堂大学

  • 一般入試(B方式・募集人員:10名)を新設
  • 医学部入学定員130名 から 137名 に増員。
    一般入試A方式定員60名から67名に増員。

聖マリアンナ医科大学

聖マリアンナ医科大学

  • 募集人員の変更:推薦入試(約15名→約20名)、一般入試(約100名→約95名)

帝京大学

帝京大学

  • 「推薦入試(公募制・専願・定員10名)」を導入
    【選考方法】面接(10 分程度)、小論文、基礎能力適性検査、書類審査
    【試験日】11/19
  • 一般入試を一次選考・二次選考に分けて実施
    【一次選考】学科試験、書類審査
    【二次選考(一次選考合格者のみ)】面接(10 分程度)、課題作文
  • センター試験利用入試 二次選考方法を変更
    【一次選考】大学入試センター試験
    【二次選考(一次選考合格者のみ)】英語(長文読解)、面接(10 分程度)、課題作文

東海大学

東海大学

  • 医学部静岡県地域枠入試の新設
    定員3 名・静岡県医学修学研修資金の対象・大学入試センター試験利用・他入試との併願可能
  • 医学部一般編入学試験を除くすべての入学試験:面接時間の変更
    約10 分→ 10 ~ 20 分程度(医学部神奈川県地域枠のみ10~20分程度×2回)
  • インターネット出願のみ(医学部一般編入学試験を除く)

東京慈恵会医科大学

東京慈恵会医科大学

  • 二次試験内容の変更:面接(集団面接を廃止、個人面接10分間、異なったテーマでの面接を5分間ずつ4テーマについて実施)、小論文(60分・1200字以上2400字以内)を追加

    面接 個人面接とMMI(multiple mini interview)とで面接を行います。MMIとは複数の課題を用いた面接試験のことを言います。MMIでは、自分の考えを表現する能力、社会における自分の役割を考える能力、知識を基に状況を理解してどのような行動が適切か判断する力、論理的思考力などについて評価するために、評価者と受験生が1対1で話し合いをする対話形式の面接をします。一人あたり異なる4課題が課されますが、課題は随時変えていきます。受験生は個人面接とMMI 4課題とで5名の評価者と会い、合計5つの面接を行います。1つの面接につき7分で、移動時間を含めて面接に要する時間は約40分となります。段階評価を行います。面接試験のテクニックを問うものではありません。
     東京慈恵会医科大学は、多様な医師を輩出したいと考えています。「自分」を大事にする人は、「他者」の価値を認める方だと考えています。

    小論文 面接後に小論文を書いていただきます。自分でしっかり物事を考え、その考えを他者に分かりやすく伝えようとする力、さらに、今自分が持っている知識を基に状況を理解して判断する力を評価します。課題文を読んで、そこから各自が自由に一つのテーマを選び、なぜそのテーマを選んだのかを説明し、その後にテーマについて論じていただきます。読み手にわかりやすいように書いてください。課題文は随時変えていきます。小論文は、1,200字以上2,400字以内で、時間は60分以上120分以内とします。受験生には清書用(提出用)の用紙以外にも下書き用の用紙(回収します)もお渡しします。段階評価を行います。小論文の受験技法を問うものでも、国語の試験でもありません。
     東京慈恵会医科大学は、世界でたった一人の「自分」が考えたことを「他者」に伝えようと努力する人を求めています。

東邦大学

東邦大学

  • インターネット出願を導入

日本医科大学

日本医科大学

  • 後期試験を新設
    一般入試を前期(募集人員:100名)、後期(募集人員16名)で実施
  • 特待生枠を拡大60 → 70 名に。
  • 平成29年度から、医学部の入学定員は2名増員となります。
    平成29年度入学者選抜試験における医学部の入学定員は116名から118名に変更となります。

福岡大学

福岡大学

  • 「志願票による出願」から「インターネット出願」に完全移行
  • センター試験利用入試(Ⅰ期):英語の資格・検定試験活用制度の導入

藤田保健衛生大学

藤田保健衛生大学

  • インターネット出願を新規導入(紙の願書を廃止)
  • 初年度納入金90万円減額、6年間総額640万円減額(3620 万円 → 2980 万円)
  • 推薦入試出願資格:現役生限定・調査書の全体の評定平均値4.0以上かつ外国語・数学・理科の3 教科も全て4.0 以上の者・数Ⅲ及び基礎を付さない物理・化学・生物のうち2 科目以上を履修若しくは履修見込みの者・合格した場合、本人及び保護者が入学することを確約できる者(専願)/ 募集人員:10 名以内(大学課程履修者枠の募集廃止)
  • 一般入試(前期):募集人員90 名(地域枠10 名を含む)
  • 前期愛知県地域枠:一次試験会場(名古屋、東京、大阪)・特待生制度廃止
  • 一般入試(後期):廃止
  • センター試験利用入試(前期):募集人員変更(5名→10 名)
  • センター試験利用入試(後期):新設(募集人員10 名)
  • 受験生1人に対し、1名の面接官が、例えば葛藤をともなうシチュエーションでどのように行動するのかを質問し、受験生の方に5分間で説明してもらいます。この間、面接官は新しい別の質問はしませんので、ひとつの質問について、5分間の中で、できるだけ具体的に自分がとる行動を説明します 。5分の時間が過ぎると、回答途中であってもその質問は終了となり、隣の部屋に移動し、次の面接官から受ける別の質問に対して、自分がとる行動を5分間で説明します。 推薦入試とセンター試験利用入試(前期・後期)では、これを8回繰り返して8問の質問に答えますが、一般入試の面接は質問の回数を減らして4回の 質問で行います。推薦入試ではこの方式の面接の他に、5~6名のグループに分かれ、与えられたテーマ・課題についてディスカッションを行ってもらいます。このディスカッションには面接官は加わらず、受験生だけで行います。
    (注)面接時間は8分間とご案内しておりましたが、5分間に変更となりました。

    【入試面接試験実施方法(資料動画 4分24秒)】(Youtube)