面接・小論文対策

レクサスが蓄積してきた膨大な大学特有の面接・小論文情報をお教えします。

面接対策

定評あるグループ討論対策も。

 面接試験は医師としての資質を問うための試験で、個人面接・グループ面接・グループ討論などの形で実施されます。

 単なる「模範回答」を大学は求めていません。ですから「想定問答の暗記」では、万全の対策はできません。 レクサス教育センターでは、大学が求める医師像をふまえ、過去の蓄積されたデータをもとにして、実戦的な模擬面接・模擬グループ討論を、問題点を解消して自信を持てるまで徹底的に、実施しています。

 とくに、日本医科大学・金沢医科大学などで行われるグループ討論対策は、定評のあるところです。

小論文対策

小論文は、制限時間内に書き上げる練習も大切

 医学部入試の場合、ほとんどの大学で「小論文」が課されています。それは面接試験と同様、受験生が医師としての資質を備えているかどうかを見極めるためのものです。

 小論文によって明らかとなる資質は、主として「時間内に結論を導く判断力」「文章構成の論理性」「結論の妥当性」「社会的常識」といってよいでしょう。「医学的知識」については、医学部を志望する生徒としてふさわしい程度には求められます。

 レクサスは、それをふまえ、授業でも制限時間内に書き上げる練習を重ね丁寧に添削、問題点を指摘し、必要な知識を得るために十分な授業をみっちりと行っています。