現役東大生理Ⅲブログ

東大生TMNブログ~受験生活編Vol.10~ 2011年3月

受験生活編|現役東大生理Ⅲブログ

大学生活、ということですが、3月は学校がありません、し、そもそも東京にいません。長期休みはおおかた帰省して、仙台北西部の実家で過ごすことにしているためです。今回の春休みについても通例どおりで、2月末には帰省し、その上で3/11から2週間、山形の自動車学校で合宿免許に参加する予定でした。

そこで地震です。14:46。昼過ぎに自動車学校に到着し、視力検査等の手続きを終え、ようやく一時間目の学科が終わろうとしているときでした。突然教室中に機械音が鳴り響き、それが緊急地震速報であると理解した時にはもう揺れが始まっていました。携帯の画面に「宮城沖で地震発生」と現れていました。教室の電灯が落ちました。

宮城県民は、おそらく、多くの都道府県に住む人よりも地震を身近に感じています。地理的に断層が近いことで、地震に遭遇する絶対数が多いためであり、1978年6月12日の宮城県沖地震の経験が世代を問わず共有されているためです。宮城県沖地震が確実に再発生すると言われているために防災意識も高く、6月12日にはあらゆる学校で避難訓練が行われ、大部分の家庭で家具・家電の耐震補強や災害時持出袋の準備に気を使っています。

そんな宮城県民の一人としてそこそこの地震耐性を備えているつもりの僕においても、とにかく「長い」と感じました。もちろん地震そのものの揺れも相当なものでしたが、その「強さ」を追いやる「長さ」。1分も2分も揺れが続いている気がしました。そして、今度こそ宮城県沖地震が発生したかもしれないと思いました。これまで大きめの地震が起こるたび、今度こそ?との思いを裏切られ続けてきましたが、今回の「長さ」は本物かもしれない、とすると山形でこの揺れ、ならば宮城では?不安が増していきます。とにかく実家の家族にメールを送ると、「家のものは壊れてないけど、全部落ちた それに電気止まった」「家の中はめちゃくちゃだけどみんな無事なので心配しないでください」「水とガスが生きてるのが救い」などの返信があり、ひとまず安心すると同時に、意外とたいした地震でもなかったのかもしれないという考えも浮かんできました。