医学部予備校レクサス教育センターが医学部受験を合格に導きます

高校生の皆様はこちらから よくある質問
医学部受験予備校レクサス教育センター(渋谷駅徒歩5分) 医学部受験予備校レクサス教育センターに関するお問い合わせのお電話はこちら03-3477-1306

渋谷駅徒歩5分 渋谷区文化総合センター8F

現役東大生理Ⅲブログ

東大生TMNブログ~大学生活編Vol.72~ 2015年8月

大学生活編|現役東大生理Ⅲブログ

2015年8月(大学生活)

長期休暇は仙台の実家で過ごすのがもっぱらで、この夏も例のごとくなのですが、避暑にもならない今年の気温です。真夏日が4日連続だったりして、どうやら仙台では観測史上初めてだそうで、汗だくで歴史の証人です。

入学直後は右も左もわからずに、学年が上がるごと忙しくなるものだとぼんやり想像しては打ちのめされる思いでしたが、6年生の今年はびっくりするくらい時間に余裕があって、なんだか申し訳ない気分です。1・2月は1ヶ月ずつ自由に実習先を決められる期間で、長崎と群馬で過ごしました。3月は休み(①)です。4月から7月で去年の1月から始まった病院実習が終わって感慨深いところに、8月は休み(②)です。9月は末まで卒業試験の前半戦、11月の半ばから12月の半ばが後半戦で、その間は休み(③)です。1月が追試期間なので、全部パスしておけば年末年始もそっくり休み(④)です。2月上旬に国家試験があって、それから働き始めの4月までは休み(⑤)です。

個人的には、連続した時間があるとまとまった復習に都合がよかったりするので、ありがたいカリキュラムだなあと思っています。それにしても恐れ多い。

卒業試験も月・水・金に1から2科目ずつ、しかも午後から、ということで、正直言って粗です。こんな感じの日程と、こう、6年間を俯瞰して振り返ってしまっているところに、大学生活が終わりに近づいていることを実感します。

今のうちにやれるだけ、犬の散歩を(早朝か日没後に)エンジョイしています。

この記事は連載しています