現役東大生理Ⅲブログ

東大生TMNブログ~大学生活編Vol.55~ 2014年3月

大学生活編|現役東大生理Ⅲブログ

だいぶ春めいてきて、桜っぽさを感じないこともない季節になってきました。冬の始めにはコートを着ないで済ませようと意地になっていましたが、今ではさっさとクリーニング屋に預けたく、たぶんコートが嫌いなんだと思います。月火水木金土日用と買い揃える余裕もなく、ヘビロテもいいところで単調で、それが冬らしいといえば冬らしいのですが、たとえば火曜は赤っぽく水曜は青っぽい恰好をしてみたいのが人情で、はるばる、といった心持です。

スタンプラリー式に各科を回っていく、病院実習が続いています。春休み前はだいぶ外科外科していたのですが、明けてからは消化器内科循環器内科呼吸器内科などなど、内科内科した日々になります。やることというか予定の組み方がやっぱり違っていて、外科が手術中心なら内科はカンファレンス中心、そのカンファレンスにしても外科では手術法に直結する画像所見(CT・MRI等)に、内科では病歴や検査値に重きを置いている印象を受けました。

それぞれ雰囲気の全然違う科を数週おきに巡るので、それこそ周遊旅行のような、はっとする新鮮さでいっぱいです。もちろん忙しい先生方が学生の世話どころでないこともありますが、そんな隙間時間は班の学生同士で採血の練習をしたりして、女性は血管が細くて難しいですから、「○○さんの左手はチョモランマだね」なんてひやかしたりして楽しんでおります。

入学以来の春で今回が一番充実していると思うのですが、それも四足す一の五回目で、社会人になりつつある中高の友人を見ると複雑です。皆の不安に対して、モラトリアムの立場からは何も言えません……