現役東大生理Ⅲブログ

東大生TMNブログ~大学生活編Vol.53~ 2014年1月

大学生活編|現役東大生理Ⅲブログ

いいおせちというか、開店前のデパートに連なる予約待ちの列が夕方のニュースで報じられるようなおせち、この正月があれでした。いつしか原付をふかす年頃になっていた妹が一走り、限定10食にすべりこんだようです。おせちが有難いのは元旦だけ、二日三日は酸っぱい野菜の残り物、これが例年のところ。今年は違います。酸っぱい野菜が無い、或はそれ相当の区画がとても美味しい。気持ち長めの三箇日でした。

さてそれで、始まりました病院実習、やっと第一週を終えたところです。個人情報・プライバシーに配慮するようにとの厳命で、舌足らずになるのがほんとうに残念、毎日びっちり充実しています。紙の知識は現場で実践すると新鮮で、CTやレントゲンの画像に目を通したり、糸結びを練習したり、学生同士で採血し合ったりして、失敗して青あざになったひじを見るのもなんとなく誇らしい。カンファレンスのぴんと張りつめた空気感は独特で、ずばっと核心を突く意見の応酬には感銘を受けるばかり。先輩医師の方々は誰もかれも忙しそうなのですが、学生の質問には無い時間を割いた小講義が行われ、それが恐縮で嬉しくて、いちいちの知識に先生の顔がセットになっているような、なかなか教室では得がたい感覚です。

こんな感じで各科を順々回る予定の2014年、どれほどの経験ができるものか、とても楽しみで畏れ多くてどうにかなってしまいそうです。密度でいいおせちを超えるかもしれません。