現役東大生理Ⅲブログ

東大生TMNブログ~大学生活編Vol.2~ 2010年7月

大学生活編|現役東大生理Ⅲブログ

7月に入り、いよいよ期末テストのシーズンに入りました。まずは英語1のテストを受け、大学のテストがどういうものなのかが、身をもってわかってきた所です。さて、英語1のテストですが、周りの人々はだれもが口をそろえて「教材を1周読めば可、2周読めば良、3周読めば優」と語っていました。可は赤点ギリギリで、優は80点以上、良はその中間です。教材を1周読むのもなかなかの手間です。幸い理3生は進学振り分けの際に要求される平均評定がそれほど高くないので、2周読むことにしました。テストに面すると、理3で入学したことのありがたみを感じます。極端な例を言うと、他の科類から医学部を目指す人は平均評定が90点以上要求されます。それに比べれば理3から医学部への進学のボーダーとなる70点程度など、気にもなりません。本格的なテストというもの自体が久しぶりで、相変わらず気分は悪くなりましたが、個人的には及第点をあげられる出来だったと思います。勉強した量に対して妥当なだけ解けたというのが率直な印象で、まぁ良だろう、といったところでした。まだまだ他の科目のテストも残っているので、高望みをせず、うまく乗り越えたいと思います。

このごろあったこと

  • 炊飯器を買った
  • 新古今和歌集を読み始めてみた
  • せっかくなのでインテリぶることにした
  • みわたせば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮 とか
  • W杯の決勝は寝落ちして見れなかった
  • 友人の「イニエスタ!」で起きた
  • 延長後半かー、と思った
  • 1日分の野菜をやたら飲む
  • 部活で柏キャンパスに行った
  • 遠かった
  • 田舎だった
  • 落ち着いた